2009年12月31日

とある魔術の〜の感想

既刊19巻+SS2巻+コミックス版5巻+レールガンコミックス版4巻読み終わりました
ラノベのほうは借りましたが、コミックスのほうは購入してたんで、流れ的にはアニメ→コミックス版→小説→レールガンでしたね
元々レールガンのほうのコミックは買う予定なかったんですよね
っというか、適当に手に取ったとある魔術(コミックス版)も読まずに放置、しかし出た巻は買っていた
んで、その途中でとある科学の〜もでたたので購入(あれ?こんな名前だっけ?とか疑問をもちつつ購入してました)

それがようやく全部読み終わり、今に至ります
で、感想としてはおもしれ〜っていう感想よりありえねーっていう感想のがでかいですね

まずアニメのみの見た時の感想は上条当麻だけがレベル0だと思ってました
先生の話曰く、「誰でも才能は開花できる、むしろ上条ちゃんのほうがおかしいんですよ〜」といってたので、最低でもレベル1にでもなってるんだなぁとか思ってました
だが実際はなんらかの力の一部は見出せるものの、レベル1にすら到達しないものが沢山いるということ
上条当麻だけは何の能力かわからないレベル0なので特別扱いされていたようだ
なのでスキルアウトと呼ばれる無能力集団でも(開花した能力にもよるが)血管が浮き出るほどがんばればスプーンを曲げられるかもしれないのだ(念力系な場合)
だがそんなことをやっても無駄なので(アニメ内、原作内でも言われている)、銃などの近代兵器に頼っている
そして、それが不思議なことの一つ
上条当麻は普通の高校生だといっている(幻想殺しを抜かして)
そして1対1なら喧嘩はまけない
1対2なら危うくて、1対3以上なら迷わず逃げるならと説明しているわけだが、スキルアウトと呼ばれる集団は対能力者用に武器を携帯している
それも銃などの殺傷武器だ
それらを相手に素手で生き残ってること事態がすごい(1対1の状態でも素手対武器に勝ってることが)
大人数ならば逃げる(アニメ1話でもそうだったように)ようだが、倒せるようなら倒しているんだろう(じゃなけりゃあ路地裏の喧嘩の方法なんて知ってるわけないですし)

っとまぁ1話の時はとにかく逃げて、逃げて、逃げまくって追い払ったと思ったら御坂がつぶしていたっつ〜オチだったわけなんですが、ここでまた一つの疑問が(上条の体力、御坂の体力ともにありえませんが
その後、上条vs御坂戦があるじゃないですか
その1つに御坂が自分の能力を基点として、黒雲に刺激を与え本物の雷を上条に落としてます
これすら幻想殺しで対処しているわけですが、これってどうなんでしょうね?
たしかに基点は異能の力
だが、発生した雷は自然のエネルギー(後の原作に生命などのエネルギーは上条には消せないだろうと土御門が推測している)
これは能力ではないから消せないんじゃね?とか思ってましたがふつ〜に消してたようです
基点が能力だったらかまわないんでしょうかね?
こういうところが曖昧ですね

さてその後インデックスに出会うわけですが、その後にステイル、神埼と新キャラが続々登場してくるわけです
アニメ見た時はこいつら何歳なんだろとかは思ってませんでした(っが、小説の中みるとびっくりw)
それとあからさまに俺らは地獄を見てきた〜みたいなかんじの悲観的なやつらでしたしね(ただまぁ実際はありえん年齢なわけですが、そっちは小説版感想にて書きます)

で、ステイル、神崎との戦闘ですが、神崎にはぼろまけ
ステイルには勝利するものの、疑問が何点か
いくらなんでもルーンの文字落ちるの早すぎだろってのと、3000度の化け物が近くにいるのに上条当麻が熱にやられないこと
それと周りのものが溶解しないことですね
某スタンドなどを使う漫画では、火使いは強すぎて殺されたぐらいなんですがね

まぁそいつらと最終的にゃ共闘してインデックスを開放させるわけだが、やはり幻想殺しは常に供給されてるタイプには弱いようですね
イノケンティウスの時もそうでしたが、インデックスが出した竜王の殺息には押されてましたからね

とりあえずは感想はここまでで、次の錬金術師のほうは来年になってから書きます
あと、この小説のすごいところは主人公の能力が現在は地味なのに続いてるってことですよね
ジャンプ漫画で連載してたら2巻打ち切りだろうなぁ
相手の能力を打ち消す系は長く続きませんからね
M0は続いたほうですが、それでも打ち切りでしたからね(−−;




posted by 貴 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

このライトノベルがすごい!っというのがでてた

ってのがあるようですね
メイトいったら置いてありました
つっても、それ自体を買っても意味ないんで購入はしてません
んで、調べてみるとwikiに05年度〜10年度までのランキングが乗ってました
そこに08年度8位にバカと〜、09年度3位にバカと〜、10年度1位にバカと〜が乗ってました
ああ、やっぱり私の価値観が駄目駄目なんですかね?とか何とか思いました
読者投稿?からで決まるようなのですごくおもしろいんでしょうね
アレからどうすごくなるんでしょ?

んで、ラノベキャラ(男性・女性)のランキングも掲載されてました
10年度女性にとある魔術〜の御坂美琴が・・・・・・
でもこのキャラって小説じゃ空気ですよね?
電話で情報もらうだけもらって、切ってることが基本ですし
やっぱりとある科学〜のほうの影響でしょうかね?
コミックス化・・・・・・っというよりレールガンのアニメ化のほうの影響でしょうかね?
魔術のほうでもシスターズ編・デートのやつもありましたね〜

それと男性キャラの09年、10年度にバカと〜の木下秀吉がランクインしてました
このキャラはかわいいですね
ようするにアレですね
こんなかわいい子が女の子のはずがない〜的なんでしょうか?
まぁ何にせよ主人公や悪友を差し置いてランクインしてるんで、かわいらしい場面があるのか、それともアクが強い場面があるかのどちらかでしょうね
っというのも、05〜07年度のキャラは知りませんが、08年にフルメタの相良宗助がランクインしてますからね
それを想像するに個性が強いキャラなうえに、ちゃんと出番があるということでしょう




ラベル:小説
posted by 貴 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(コミックス版)の感想

こちらのほうも購入してました
こっちも、バカと〜と一緒でラノベ原作なようですね
感想としては・・・・・・
こういう内容だったのか〜ってのが一番強いですね
っというのも、オタクに目覚めた兄が妹を見る目が変わったとか、そういう風に考えてたからです
実際の内容は中学生の妹が妹ゲー(ギャルゲーなど)にはまっていたという事実をうち明かされ、ツンツン(つ〜かシカト)していた妹の別な面をみて、不覚にもかわいいと思ったっていう内容ですね
ただ、現実は現実、二次元は二次元で分けてるふつ〜?の妹なので、今後どういう風に兄への対応が変わっていくかも見物ですかね
コミックスだとオタクの趣味が親にばれるところで終わってます(頑固親父でそういうのが大嫌い?といわれてるキャラ)
たぶん、兄がかばって、俺の趣味だ〜とかいうんでしょうが、それを行ったら、妹の兄への見方もさらにかわるんでしょうしね
そういう心境の変化がいいですね(一巻のはじめでオタの内容をばらし、その時の兄の対応でコミック始まる前の対応より変化しているため、一巻だけでも心境の変化は見られる)

んで、ラノベのほうは4巻?ぐらいまででてて、おもしろいらしいですよ?(とある〜を借りた友達が全巻購入しており、おもしろいといってました)




ラベル:コミック
posted by 貴 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカとテストと召喚獣(コミックス版)の感想・その2

設定面ばっかり、書きましたギャグ面はおもしろかったです
ノリがいいですし、漫画だから勢いもありましたしね
ベタな設定もありましたし(美少女が作る飯がまずいとか)
ただ、題名のほうの召喚獣のほうに目がいってたので、この漫画に対しては私的にゃギャグは重視してませんね
ま〜、なんにせよ続きがでるか、アニメみるかで内容確かめないとなんともいえませんね




ラベル:コミック
posted by 貴 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

エンジェルマギスターの小説版をとりあえず購入

ラノベ版買いました
といってもまだ、手はつけてません
現在はゼロ魔を貸した代わりに借りてる、とある魔術〜の小説を読んでるからです
おもしろいですよ?
遊戯王みたく精神攻撃多いですしw(題名が「とある話術の精神攻撃」・もしくは「とある話術の幻想殺し」でもいいくらいだからなぁ)
まぁいろいろとこれはねーよって思うところもありますがw

んで、本題のAMですがMF文庫J発行となごみ文庫発行版があったので両方購入
MF文庫Jのほうはカワイ克己さんという人が手がけてます
なごみ文庫のほうは原作者の塩味ロケッツさんが手がけてますね
後者は短編なんだろうが・・・・・・前者はどうなんだろ
続くのかな?
前にもMF文庫Jから君が望む〜のラノベ版がでてましたが、3巻まで続いてましたしね

とある魔術の〜が読み終わったらそれぞれ感想書きたいです
とある魔術の〜のほうもあと1巻なので読み終わったらそれまでの感想書きたいものです




ラベル:小説
posted by 貴 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカとテストと召喚獣(コミックス版)の感想

久々にコミックの感想でも書きます

んでまぁ、新しく買ったのがラノベ原作?のバカとテストと召喚獣です
感想としては・・・・・・
よーわからんっという感想ですね
とりあえずは↑の感想はぱらみした時の感想です

この学園はテストの成績でクラスが決まる
そしてテストの点数で召喚できる召喚獣?の強さが決まるというもの(クラスわけと召喚獣用のテストは違うようです)

で、主人公はバカなので最低ランクのFクラスに
そのクラスは設備も最低
そのため、それを脱出するために、Aクラスを撃破してAクラスの最高設備をGETしようとたくらむっという話らしい
当然ながら、テストの点数=召喚の強さに比例するので圧倒的に負けているだろう
それとどうやって覆すのかな〜って読んでたのだが・・・・・・
いまんところは、そんな知略とかな〜んもないですね
普通に真正面から戦えば点数低いほうが必ずまけてますし
ただ、相手の点数も削られるらしく、複数人でたたけば勝てる可能性もあります
ですが、逆を言えば複数人でたたいても、そいつらにもダメージがでてきて、どんどん能力がさがっていくわけです
っとなるとどうあがいても勝てないよなぁとか思ってしまいます

っとまぁ、ここまで負け要素のみ書きましたが、一応勝ち要素キャラもいます
テスト途中で体調が悪くなり、テストが受けられなくなったヒロイン(クラスわけのテストなため、召喚獣能力のテストとはまた別)
これはAクラスの頭のよさで、それ以外のクラスのやつらには負けないでしょう
ただし、どこまで通用するかは不明
全てのクラスに総合的に負けてますからね
ヒロインのことがわかったら、多少犠牲を払ってでも速攻でつぶす可能性ありますし
まぁ基準点がよ〜わかってないので、なんともいえないんですがね〜
それと、昔は神童と呼ばれた悪友などもいる
個性が強いキャラがいくつかは集まってるから、それらが同活躍するのかが見物ちゃあ見物な作品・・・・・・のはずです(1巻なのでなんともかんとも)


んで、こっからの感想はルールを読んだ後の感想(コミックの中に対戦ルールが書かれてるページがあります)
「クラスの代表を倒せば終了」というものらしい
このルールのおかげでFは上位ランクのDをクラス内最強のヒロインで倒して勝利している
だが、逆に問題もあると思う
っというのもクラス代表の周りに他のクラス員全員確保しちまえばよくね?っていう話だ(将棋でもある、他の駒に囲ませて鉄壁をつくるやつ)
「一度敗退しても、補習を受けて点数を確保すれば復活」できるらしい
なので補習場所も近くに確保してあれば、何度もでも盾が復活する
当然相手も、リーダーを撃破しないと勝利にはならないが、消耗率の速さはFのほうが当然はやい
さらに補習を受けたとしても、バカだから問題を解くのにも時間がかかるだろうし、点数も低く復活しても回転率が悪いだろう
それらをどうやって、暗躍してる悪友が解決し、主人公が活躍するんでしょうかね

主人公の特異な点は、通常の点数のキャラより力が強いらしい(まだ活躍はしてません)
が、自分にもダメージがくるというものらしい
な〜んか根本的な設定をぶちこわしてるようなき〜もするんですが、なんらかの説明あるんでしょうかね?

テストで力が決まるという学園っていう設定ですからね
策をねってリーダーのみを撃破〜とかなら、悪知恵、戦略など、普通の勉強以外の光ところがあるからいいと思うもんですがね
テストの点数ひっくいのに、それ以上の力を出せるのはなんだかなぁと思います

気になってる人は、アニメも始まるようなのでそっちを見て内容を確認するか、小説買って詳しい内容を確認するかしたほうがいいですね〜
この感想すっげー私的ですし、コミックスの1巻しか読んでない感想ですしね




ラベル:コミック
posted by 貴 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

金剛番長103撃目

どうやら王様番長も暗黒四天王の一人だったようです
貝裏鬼何気にすごくね?
四天王相手に耐えてましたし
ただの人間相手に手加減してたっていうわりにゃあ、舎弟の貝裏鬼はダメージ受けすぎですしね
どうなんだろ?

それはそうと、驚愕の新事実がw
番長は王様番長の手で作られていたっということ
ってことは金剛以外は全員いじられた体ってことですかね?
ってことは逆に貝裏鬼とかが異常ってことなのかな?
あとゴクロウさんとか
あれらはいじられてないだろうし

んで話を戻しますが、いくら研究しようが、脆弱な人間じゃ金剛類を超えられないとのこと
だから、金剛類をベースにして、進化した金剛類を発明
それが現在の兄のようです
でかくなる以外に何の特性がくわわったんでしょうかね?

それと憲兵番長曰くアラクレモードの攻撃力で、四天王の同格とかいってたのになぁ
王様番長自体で、金剛類を超えてるはずなんですがねw
なんか既にその設定自体失われてそうです

結局アラクレモードの前に敗れ去った王様番長ですが、やられぎわに注射を金剛に刺します
それにより兄と同様に、金剛類の禁を破ったもよう
ただ違うところは常に怒ってないってことかな?
兄は常に怒りのスーパーモードなようですがね
金剛は瞬時に爆発させる、スーパーサイヤ人的(静かな心が怒りに〜っていうかんじです
どういう違いをみせるんでしょ?

それはそうとどうやって刺したんだろ
ナイフとかすら刺さらない金剛類の皮膚
そういう素材を使った武器を開発してりゃあ普通に殲滅できそうなもんだがw

最後に王様番長のところにカメラなどなくてよかったですね〜
王様番長が日本番長の悪口いいまくりw
マザコンだと玩具だの
いわれたいほうだいでしたw


ラベル:金剛番長
posted by 貴 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

史上最強の弟子ケンイチBATTLE365

最後は圧勝
だったんですが、そこに美雲が参戦
サカキとしぐれを圧倒します
ただ、サカキが「梁山泊の戦いに多対一はない」といって、戦いたがってたしぐれを優先
自分は座り込んでしまいます
しぐれvs美雲の対戦がはじまるものの、途中で美雲が引いた
目的はあくまで武器組みを逃がすことにあったようです
ただ、戦いの最後でしぐれに服の一部を切られたことから、相手を認め、名前を聞く
おばあちゃんと孫並みに離れているだろう相手を認めさせるとはすごいですね

んで、ことが終わった後は秋雨に報告するも、どうやら長老と連絡がとれないとのこと
無敵超人にかぎってそんなことは〜とか思っていましたが、敵に逃げられたもよう
いくら相手が自分の武器を捨ててまで逃亡したといっても、人っ子一人を担いでの逃亡
さらに相手は無敵超人
すごい実力者だったってことですね


posted by 貴 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔法先生ネギま!274時間目

生徒達vsMM兵
普通に圧倒してますね
おっそろしい中学生達だ
んで、意外だったのが楓のアーティファクトの使い方ですね
相手の攻撃を吸収してしまうほうほう
単純な魔法ならかなり有効ですね
ラカンのように空間破壊できるやつ意外ならそのまんま、餓死とかさせれそうだw
結構鬼畜能力ですね

それと刹那が新アーティファクトを使用しました
タケミカヅチだそうな
ってことはアーティファクトに雷の能力が付加されてるのか、それともライメイケンとか雷属性の攻撃が強力になるのか
どっちでしょ
あと、今までのアーティファクトと同時に発動させることはできるのかな?
もしできるなら、便利ですよねー

一方的に勝ってたものの、相手の戦艦の登場で逆転されてしまいます
といっても、一般人的な仲間がいるからなんでしょうが
もし楓や刹那のみだったら、余裕そうです

っとまぁ、それで逆転されてしまうのですが、そこでさらに事態が変わります
な〜んかへんな触手が登場
その正体は巨大なエヴァ鬼?なようです
MM兵達も知らない状態
っが、どうやら犯人はまえ〜にフェイトと一緒に襲ってきた謎の人物
でかい鬼?以外にも大量の骨を召喚してきました
結構ピンチっぽいですね
ってことは雨宮登場かな?
タカミチいるっつ〜ことはもうこっちにきててもいいはずですからね


ラベル:ネギま
posted by 貴 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

施設に乗り込み

アゲハと祭先生が施設に突入
ライダースーツエロイですね

しっかしアゲハいみねー
祭先生一人で相手をぼっこぼこ
アゲハの活躍あるんでしょうかね?
あるとしたらあの射場の友達に?
「・・・・・・あなた方も特殊な力を・・・・・・」といってたんで、彼も力をもってる可能性がありますし、祭先生の手に触れた時に相手の思考を呼んだ可能性もありますからね
何にせよこのまんま、すんなりいくはずないですよねぇ?


posted by 貴 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再び立ち上がるルフィ

まだまだ続いてる白ヒゲvs海軍
ただここにきて、白ヒゲに異変が
なんらかの持病でもあったんでしょうかね?
それとも単に歳のせいなのか?
どっちでしょ
それはともかく、そのせいで赤犬に腹を貫かれてしまいます

一方、赤犬の能力のおかげでバギーが復活
なんらかの行動を起こすようです
今度は何やるんだろ
まだデンデンムシいきてるんでしょうかね?
生きてるなら、今の現状を世界に使えることによって一般人の政府への不信感を買わすことができます
といっても、そんなこと考えるタマじゃないでしょうし、マギー弾の連発で雑魚海兵の戦力うばうくらいですかね?

んで最後に主人公ルフィ
兄を見捨てることができないがため、イワちゃんにもっかいホルモンうってくれという
これうつのはいいんですが、エネルギーとかどうなってるんだろ
かなり疲弊してるはずなんですがね
肉とかの補充なしにパワーでるのだろうか
いくらごまかしても、消費できるものがなきゃうごけないですからね

まぁなんにせよ、このでかい戦いがおわったら時が進むようです
単行本のほうに○○才最後の〜とかかかれてたようです
白ヒゲは死ぬのか、それとも引退するのか
どうなるんでしょうね


posted by 貴 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

ゼロの使い魔18巻が1月25日発売予定だそうで

だそうです
てっきり、外伝でたばっかりだからもっと遅くなるかと思ったらそうでもなかったです
うれしいかぎりですね〜
公式には「ルイズと才人、急接近!? 」と書いてあったので、息抜き回?
それともその話が1章分ある程度なのかな?
まぁ前回の終わりがそれぞれを認め合ってたからなぁ
それにサイトが周りからいろいろとクギさされてましたしねw

ただまぁそうなると、孤児修道女に連れられていったタバサ涙目ですよねー
こっちはタバサの冒険で補完するのかな?
何にせよ楽しみです


posted by 貴 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレゴリ施設

あの放送の後自衛隊?かなんかに目をつけられた01号と06号
でも近代兵器なんかより凶悪な能力で、狩られずに、狩ってます

一方アゲハ達は過去の実験のことを聞き出していた
射場が生き残っていたのは唯一、06号にやさしくしていたから
06号の最後の人間の心?が射場だけを生き残したんでしょうね

だが、それがアゲハ達の活路を開く
どうやら、脳内に特殊なナノマシンのチップが埋め込まれていて、それを発動すれば脳を破壊できるとかなんとか
その特殊チップのコードが書かれた手帳が研究所の設備にあるとのこと
それをとりにいくために祭先生に相談
そしてその施設に、祭とアゲハが潜入することになった
でもどうなんだろ
雨宮の能力はたしかに外からの情報通信にいいだろう
連絡もとりやすい
が、アゲハはサポートといっても中には入らないほうがいいようなきがする
っというのも、あくまでサイに反応する能力で、近代兵器にゃ意味ないでしょうからね
祭一人のが動きやすそうだw
っとまぁ、来週は祭とアゲハがあばれまくりそうですねw


posted by 貴 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガープ出陣

白ヒゲvs青雉
どうやら覇気をまとって攻撃しても、あたらなければ意味ないようです
まぁ当然といっちゃあ当然なんですが、ほんとロギア系は強いですね
このまんま、長引くかとおもったらジョズが乱入
彼も覇気を使えるようです
な〜んか大抵の人は覇気使えるようにみえますが、黒ヒゲはつかえないんでしょうね
使えたらあの実を食べる意味ないですからね

で、場面は変わりルフィへ
ボッコボコにされてます
やはりまだ実力が伴わない様子
その分、白ヒゲ海賊団ががんばるも、今週最後にガープ登場
マルコを一殴りで押し返します
0にて、昇進をけっていたため、今の位でとどまっているだけの人間
もし昇進受けてたらどれほどの位置にいたんでしょうね?
つっても大将より上ってなんなんでしょ


posted by 貴 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金剛番長102撃目

番長狩りと称して、適当な一般人をらちっては自分の裁定でもてあそぶ事件に陽菜子が拉致られる
その拉致られる最中の車の中で剛力番長の部下の貝裏鬼と会う
彼もまた番長と間違われて拉致られたようだ
陽菜子はケータイ番長
貝裏鬼はドデカ番長として
理由は単純
陽菜子は暗黒東京の施設を写メったスパイ容疑
貝裏鬼はお前は体がでかい容疑
だそうです
前者はいいがかりすぎるが、後者の貝裏鬼は・・・・・・
容疑もなにも見てわかるだろ
まんまでかいしw
まぁどうせなんらかのケチつけて、そいつをもてあそびたいだけだから、なんでもいいんだろうが、もうちょい違う理由考えようよw

んで、当然彼らは自分が番長ではないと主張するんだが、それも通らない
罰を与えるかわりに、金剛番長達の居場所をはけというが、陽菜子がそれを知ってるわけもない
んじゃどーするんの?って思ってたら、王様番長の後ろから金剛番長が
どうやら、念仏、剛力、居合いのほうにメール送ってたようです
でも居場所までわかるか?っておもったがそこはスルーw
一瞬で葬られるかと思いきや、どうやら次回まで戦いが持ち越されるようです
ってことは四天王の一人なのか?
それに金剛父のことを知ってるよう
ヒゲもはやしてるし、おっさん?
でも番長選抜って日本の未来を担うために若い人材のみだったようなきがw
こいつだけ例外なのかな?
昔金剛父にまけて、幽閉でもされてたのか?
まぁなんにせよなんらかの因縁はありそうですね


ラベル:金剛番長
posted by 貴 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

史上最強の弟子ケンイチBATTLE364

陽炎vs斧使い
といっても、木刀vs斧
どんどん木刀が削られていく〜と思ったら、自ら削ってたようです
すごいですね
ただいくら鋭利にしても、相手に傷一つつけられない
それどころか木刀が木っ端微塵に
そして武器なくなったとたんに弱気に
それでも、一応相手の攻撃をよけれるってことは腐っても達人ですね

武器武器〜と陽炎がいうので、ケンイチが自分の持ってる武器を渡そうとするが、それをみている千影がかわいい
最終的にゃケンイチが陽炎に武器を渡すのですが、それまでにおたおたしたり、驚いたりとw

武器が陽炎にいった後は武器と一体になる、心刃合錬斬で相手を撃破
約束を守り相手は殺してない
しぐれも心刃合錬斬で相手を撃破
どうやら、ソレが真の武器使いとしても技なようです
一方、サカキのほうはほうで、無手での真の使い手と認識されてました
やはり梁山泊は強いようです
っが、次回はババァもとい、美雲がでるようです


posted by 貴 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔法先生ネギま!273時間目

ネギvsクルトの対決が再び始まりました
ネギは再び雷化をして攻めるものの、相手の斬魔剣の前ではそれらは無意味とかしてます
そのため、雷で自分を作り、惑わしてました
ようするに分身の術ですね
大量の分身を作るものの、斬魔剣とヒャッカリョウランをあわせた技の前にやられた?と思われたが、ネギ本体がクルトを押さえ込む
どうやってあの剣術を抜けたんでしょうねw
ただ抑えたものの、ネギの中の闇魔法が増大して、再びネギに苦痛が・・・・・・

そんな時、長谷川がなんらかをハックして周りの映像を遮断する
どうやってハックしたんだろ
これって魔法でもハックできましたっけ?
それとも単に機械的な何かで動かしており、それをとめたんかな?
その直後、壁から巨大な如意棒がw
どうやらクーフェイのアーティファクトなようです
ただこのアーティファクトには原型となったものがあるようです
それのレプリカとかクルトは思ってましたが、原型でてくるんでしょうかね?
それとも敵として原型をもったやつがでてきて、クーフェイがそれを超えるとかなるのかな?

話がそれましたが、さらにその後にタカミチ登場です
どうやらクルトとタカミチは険悪なムード
連絡とりあってなかったんかね?
昔はこれからは僕達で〜とかいってたのに
っということはあくまでクルトの独断での救済か
タカミチvsクルトは昔の願望を話しながらの勝負になりまそうですね

タカミチがでてきたってことは雨宮も登場かな?


ラベル:ネギま
posted by 貴 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究員・射場

とりあえずは研究員を尾行
何をしてるか調査
その前に、雨宮が女の部下から彼の詳細を聞きだしてた
手際いいですね
で、その彼はアゲハを日焼けさせたような男と雑談
どうやらグレゴリのことを曖昧に話してるもよう
ただし、あくまで守秘義務を守り、な〜んも話してないのと一緒だった
ようするにグチきいてくれっつ〜ことですね
話が終わると、アゲハと雨宮は射場に接触
頭の中を覗こうとするが、特殊な方法で解除される
サイキッカーとしての方法じゃ情報を聞き出せないとわかると、速攻で物理攻撃
ほんとこういう時の雨宮は頼りになります
そして、話をしていくと射場がようやく過去を話しだす
さてさて、どんな実験内容が語られるんでしょうかね


posted by 貴 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白ヒゲ達の切り札

ルフィの前に立ちはだかる3大将
ギアセカンドを使っても、簡単に反応されてしまう
能力だけではなく、通常での戦闘力も半端ないようですね
そして返り討ちにw
今までどおりにはいきませんね

んで、場面は変わり、エースが処刑に
だが処刑寸前にクロコダイルの攻撃が処刑人にあたる
あくまで他人に自分が認めた強者の配下を倒されるのがシャクなんでしょうね
それをみた、ドフラミンゴが自分の誘いをけったのにと怒る
元七武海vs現七武海です
どっちが勝つんだろ
っというか、どちらが勝つか負けるかということはどちらか一方が死ぬってことでしょうし、勝負が曖昧になるか、出番終わったクロコダイルが消える可能性が高いですね

一方白ヒゲ達は何やってるんの?と思ったら、前回いってた切り札を投入したもよう
それは船
でかい船でした
それをオーズがつかんで、中にいれる
これで主力部隊が処刑場前まで到着しましたね
でも、これが切り札なんだろうか
今のような状況ではたしかに切り札だ
だが、他の状況じゃ使えない
っとなると、中に何かギミックが仕込んであるのかな?
もしそうなら、それが何か楽しみですね


posted by 貴 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

金剛番長101撃目

外道vs卑怯
まずは卑怯番長が家に隠していたガトリングで攻撃
だが、外道番長の皮膚の下には強化セラミック装甲とよばれるもので補っていたためダメージはなし
次は接近戦で対決
今度は卑怯番長が圧勝
暗黒生徒会屈指の武闘派らしいんだが、それより卑怯番長のほうが強かった
そんな外道番長の攻撃をものともしない卑怯番長だが、相手が肘に刃物を仕込んでいたのを見抜けず、食らってしまう
そこには当然、毒がぬっており、これでおわりか?っておもったらその腕は義手
しかもはずされた腕の中には戦車の装甲すら打ち抜くといわれるグレネードガンが・・・・・・
どこのサイコガンですかw;
ただその銃により、相手のセラミック装甲もやすやすと貫通し、外道番長が窮地に立たされる
さらに、死んだと思っていた子供達は全員生きていた
爆発で死んだと思われた子供達はドリル番長によって助けられ(報酬は蠍番長の電話番号)、毒で死んだと思われてた幸太は演技だった(あの血はケチャップだそうです)
最後は卑怯番長の銃で終わるかとおもったが、「やめた」といって子供達と家?に戻ることに
その中で一人だけ歩みが遅い子がいて、それを人質に外道番長が卑怯番長を脅そうとしたものの・・・・・・
それは改造番長が作ったロボット
そのロボットが爆発し、外道番長が敗北しました

今週で一番怖かったのは子供達ですね
完璧に演技をし、外道番長をだます
さらには外道番長が爆発でやられても振り返りもせず、笑顔でいるとか
怖いですね

それと暗黒四天王の一人だった外道番長ですが、外道な手も接近戦の実力も卑怯番長以下
憲兵番長は四天王の実力をアラクレモード並といいました
ってことは卑怯番長はアラクレモード以上ってことになりますね
なんで最初の対決で負けたんだよっていう話になります
それと強化セラミック装甲ですが、アヤトリでばらばらにできそうですね
ガトリングなんてきかないぜっていう防御力ですが、マシン番長に使われてた素材のほうが堅そうですし
終わってみると外道番長って微妙なキャラですね


ラベル:金剛番長
posted by 貴 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。