2010年12月22日

史上最強の弟子ケンイチBATTLE411

一度本巻警部の家へ
どうしてこうなったのかの状態を話してくれた
しかしところどころで新島が内容知ってるよといわんばかりの言動があったが、やっぱり新島はバックアップを取っていた
どうせ今手元に持ってるDVD?BD?以外にも隠してるんだろうなぁ

で、その再びデータがこちらの手に入ったのでプロテクトを解除できるとされている人物にあうことに
それまでの間に新キャラと対決かな?
それとも武器組みの乱入がくるんだろうか
どっちでしょうね


posted by 貴 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔法先生ネギま!312時間目

火のフェイトが茶々丸達に襲い掛かる
茶々丸が火の槍?をくらってやばいところでパルが船を逆噴射に火のフェイトを船から切り離す
しかし逆噴射なためスピードがでず追いつかれそうになる
さらに火のフェイトが攻撃をしかけてくるのだが、それを高音が防ぐ
よく防げるなぁ
前に強さ表をラカンが出してたがそれを考えるとなんで防げたの?っていうかんじなります
だが、火のフェイトはそれ以上の攻撃を繰り出し絶体絶命
そんな時ジョニーさんが船ごとつっこんでパル達の壁になる
これでジョニーさんが退場したわけだが、一つ疑問が
前に高音の影を装備してたはずだが、身を挺して守ったときには既にそれはなかった
なんででしょうね?

さて場面は変わり楓vs風のフェイト
久々に活躍場面がみれる
これで中忍なんだよなぁ
アレから強くなってるとはいえ楓がいる里の上忍とかどんだけ強いんだよw

で、風フェイトとの対決は楓優勢か?と思ったら風のフェイトがネギ同様自身の肉体を雷化し、一気に劣勢に
しかし楓はあくまで相手を倒すのではなく勝利の鍵・・・つまりは最後の鍵の確保を優先し、命をとして再び鍵を仲間の元へ戻した
んですが、こっからどうするんだろ
肝心ののどかは意識不明
鍵を扱える人間がいない
ここでユエが大活躍するんだろうか
そっちはそっちで気になるものの、水のフェイトのほうもどうなってるか気になりますね


ラベル:ネギま
posted by 貴 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンピース第608話

クー・ド・バーストでこの危機的状況を切り抜けるルフィ達
しかし魚人島のコーティングにぶつかると自分達の船のコーティングがなくなる
さらにその空気の層の先にはまた海が・・・
コーティングが割れたため全員が海中に
当然能力者のルフィ、チョッパー、ロビン、ブルックはなすすべもなく離れ離れに

一方ルフィ達を勧誘(警告)した魚人達は自分達のアジトに戻ることに
この魚人海賊団以外にもネプチューン軍というのがいるようだが、そっちはどういうタイプの魚人なんでしょうね
今でている魚人同様人間排除派なのか、それともジンベイのようなタイプの魚人なのか

場面はかわり、全員が離れ離れになったとおもいきやルフィ・ウソップ・サンジ・チョッパーの一行はケイミーに助けられてたようです
その時にちっさい魚人が登場するのですが、てっきりハチとの子供かと思いましたよ
というかケイミーとハチはどうやって魚人島に戻ったんだろ
人魚や魚人なら簡単にもどれるんだろうか?
特にハチは船を守って大怪我をしている
どうやって戻ったかちょっと気になりますね

んでその後ケイミーの案内で人魚が集まる場所に移動
サンジが歓喜してました
ここが俺のオールブルーだって、あんたそれでいいのか・・・
にしても今回登場した人魚達は現在マガジンでフェアリーテイル連載している真島ヒロのキャラよりの絵だと思いましたよw

今週最後にハモの魚人達のリーダーがでてくるわけだが、これまたサメかな?
歯がアーロンと同タイプっぽいですからね
兄弟とかだったりしてw

ただまぁ人魚達がカリブーを閉じ込めた箱をあけちゃいそうなのでカリブーが人魚の乱獲とかしそうですね
それをルフィ達が排除して考えかえるのか
それとも普通に魚人海賊団とも戦うのか
どうなるか楽しみですね


ラベル:ワンピース
posted by 貴 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。