2009年06月25日

ゼロの使い魔17巻感想

今回はめんどいのでネタバレありでいきます

まずデルフリンガーですが、完全に溶けてしまったようです
サイトが意識取り戻して現場にいっても破片などなかったからです
そのためこれからサイトは自立しないといけないわけですね(いつもデルフが助言などしてくれていたため)
ついでにルイズもこの巻でかなり成長しますので17巻はそれぞれが自立する巻といっていいでしょう
それとお互いにお互いが必要ということも認識していきますのでまた絆も深まったのかな?
ただ、ルイズのエネルギーの元は嫉妬
この巻は前巻のサイトの浮気のおかげでパワー全快だったものの、ラブラブになったらエネルギー補充できませんよねぇ
適度にサイトが馬鹿やらないとw

次に2巻前?にタバサが戴冠式をしたわけですが、何でロマリアはタバサを王にしたんだろうか?っと思ってたんですがその理由もこの巻で明かされます
前巻にでてきた、銀髪の修道女がタバサの双子の妹だった
見た目が違うじゃん、って思われるだろうが特殊な魔法アイテムをつけていたため顔が変わってたためだそうです
そのため、その子とタバサを入れ替えガリアを牛耳るようです
問題はタバサがどうなるかってことですね
今の所の話だと、あの修道院に送還されるようです

前巻に久々にでてきたエレオノール姉さん(ルイズの姉の金髪のほうです)
この巻でもでてきます
そしてかなり優秀なことがわかります
常に錬金がでる装置を作れという指令がでるのですが、数日で完成させてるので(その装置自体はこの巻にはでてきてないが、元素兄弟の一人がその装置をもってくればよかったといってるので)
これで残りは二つなのかな?
今のところ水の研究・地の研究が形になったので、残りは風と炎ですね
水は戦闘用だが、錬金装置は何につかうんだろう
元素兄弟は夢のためといってましたが、どういう夢なのだろうか
この巻で出てくる謎の一つですね

んでその元素兄弟ですが、唯一の女性キャラの挿絵が書かれてます
挿絵+目次のカラーページですね
みためがローゼンメイデンの水銀灯?というキャラににてるよーなきがします
ルイズから人形みたい、とかいわれてますしねーw(まぁ性格的なところもありますが)

090625_191959.JPG

余談1
浮気に関してティファニアが「サイト最低」といってたが、これはどうなんだろう
ティファニアの父親は正妻ではない愛妾がいた
ティファニアの母親だ
浮気はダメで愛妾はいいんでしょうかね?
浮気自体、ダメな行為ですがあの世界は偉けりゃ正妻以外めとってそうだしなぁ
そもそもそれがなかったらティファニアは生まれてなかったわけだし
それとも正妻はいなかったのかな?
アンリエッタ曰く、ティファニアのことを唯一の〜といってましたからね
もしくは正妻がいてもそっちには子供がいなかったのかなぁ
あんま詳しくかかれてなかったですからね

余談2
この巻で特殊な魔法アイテムがでてきます
身に着けると顔がかわるというアイテムだ
これは使えますね
っというのも顔を変える魔法自体かなり高度な魔法なんですよ
それをアイテム一つに見つけただけで変身できる
魔力節約にもなりますし、今後なんらかの活躍あるのかな?




posted by 貴 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122218901

この記事へのトラックバック

ゼロの使い魔 17 黎明の修道女〈スール〉MF文庫J
Excerpt: ゼロの使い魔 17 黎明の修道女〈スール〉MF文庫J
Weblog: アマデウスの錯乱?
Tracked: 2009-06-27 01:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。