2009年11月18日

金剛番長99撃目

憲兵番長vs金剛番長
光速番長vsマシン番長
後者は一瞬でケリがつきました
前者は金剛番長の能力の偵察でしたね
偵察っつ〜か自分の趣味?
自ら味見っていってましたし
ただ、現状の力だと暗黒四天王の一人と五分五分だそうです
当然日本番長はその上をいくようで、遠く及ばないとのこと
暗黒四天王=破壊番町並、もしくは以上 と考えていいようです
それならその4人をさっさと日本に解き放って、日本番長がそれを倒すという自作自演でもいいようなきがしますが・・・・・・
なんでやらなかったんでしょうねw

で、今回の戦闘で憲兵にやられた蠍は脱落
かわりに、日本番長の子供のライが参入
卑怯番長も子供達が心配で一時脱退も、子供達が何者かに漢字にされたようで(意味不明な書き方ですが、本編最後みればわかります)、すぐに復帰するでしょう
残りの番長は、各地域の開放だそうです
こっちはマシンがいる限り大丈夫でしょうね

メインメンバの金剛、居合い、念仏、剛力、ライはバンカラタワーへ
四天王には居合い、念仏、剛力、卑怯がそれぞれ倒して、日本を金剛なのかな?
憲兵以外はどんなのがいるのやら

新たに四天王ってのがでてきたが、文学はどのぐらいの立場だったんでしょうね
今までの白学ランの番長達の中では明らかに権力もってましたしね


ラベル:金剛番長
posted by 貴 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。