2009年12月19日

グレゴリ施設

あの放送の後自衛隊?かなんかに目をつけられた01号と06号
でも近代兵器なんかより凶悪な能力で、狩られずに、狩ってます

一方アゲハ達は過去の実験のことを聞き出していた
射場が生き残っていたのは唯一、06号にやさしくしていたから
06号の最後の人間の心?が射場だけを生き残したんでしょうね

だが、それがアゲハ達の活路を開く
どうやら、脳内に特殊なナノマシンのチップが埋め込まれていて、それを発動すれば脳を破壊できるとかなんとか
その特殊チップのコードが書かれた手帳が研究所の設備にあるとのこと
それをとりにいくために祭先生に相談
そしてその施設に、祭とアゲハが潜入することになった
でもどうなんだろ
雨宮の能力はたしかに外からの情報通信にいいだろう
連絡もとりやすい
が、アゲハはサポートといっても中には入らないほうがいいようなきがする
っというのも、あくまでサイに反応する能力で、近代兵器にゃ意味ないでしょうからね
祭一人のが動きやすそうだw
っとまぁ、来週は祭とアゲハがあばれまくりそうですねw


posted by 貴 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136062385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。