2009年12月23日

史上最強の弟子ケンイチBATTLE365

最後は圧勝
だったんですが、そこに美雲が参戦
サカキとしぐれを圧倒します
ただ、サカキが「梁山泊の戦いに多対一はない」といって、戦いたがってたしぐれを優先
自分は座り込んでしまいます
しぐれvs美雲の対戦がはじまるものの、途中で美雲が引いた
目的はあくまで武器組みを逃がすことにあったようです
ただ、戦いの最後でしぐれに服の一部を切られたことから、相手を認め、名前を聞く
おばあちゃんと孫並みに離れているだろう相手を認めさせるとはすごいですね

んで、ことが終わった後は秋雨に報告するも、どうやら長老と連絡がとれないとのこと
無敵超人にかぎってそんなことは〜とか思っていましたが、敵に逃げられたもよう
いくら相手が自分の武器を捨ててまで逃亡したといっても、人っ子一人を担いでの逃亡
さらに相手は無敵超人
すごい実力者だったってことですね


posted by 貴 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。