2010年01月04日

ディーふらぐ!の感想

久々にコミックの紹介&感想でもします

コミックアライブでおもしろいと思った作品の一つですね
県立雲田場(ウンタバ)高校地球侵略部もおもしろかったんですが、終了後の連載作品のぷりこな!は微妙でした・・・・・・
んで、話は戻しますが、ウンタバを知ってる人なら分かると思いますが、理不尽ギャグ漫画です
ディーふらぐ!もそれ同様の理不尽ギャグ漫画(4コマ漫画ではありません)
そのため、大好きな内容です
やっぱりいいですよね
理不尽なギャグ漫画ってw

内容としては、不良の主人公が強制的にゲーム製作部に入れられ、個性あるキャラクターに振り回されるというものです
主人公自体は比較的常識人(不良ですが)なため、ちゃんとゲーム製作部に通い、理不尽な行動に付き合っている

その部員の構成は

部長・柴崎芦花
能力は炎属性
燃え萌えアタックを主人公にかましたが、撃沈される
しかし、実際は闇属性の使い手
相手の顔に一瞬で袋をかぶせ、闇に引きずり込む

生徒会長・烏山千歳
部員兼生徒会長をしている
能力は土属性
能力の応用が広く、土から鉱石まで扱う
そのため、ロッカーやドアすら能力の内だといいつけ、攻撃に使っている

部員・水上桜
能力は水属性
そのため水が入っているペットボトルを持ち歩いている

部員・八
よくわからん人
部室内の定期位置が地べたというかわいそうな人

顧問・大沢南
能力は雷属性
そのためスタンガンを持ち歩いている

っと、ここだけ書くとバトル漫画のように見えますが、一応学園ものギャグ漫画のはずです
一応1巻帯にも

本書は属性美少女バトル漫画ではありません。主人公が水とか土でイジられる漫画です。ところで高尾部長は乳属性でOK!?

というもの。属性っつ〜のもツンデレ〜とかじゃなくて、上記の炎とか雷とかそういう属性です

主人公側・・・・・・っというか、主人公とつるんでる3人は3人で結構濃い存在です
その中でも1番濃いのが副会長の河原中というキャラクター
4人はいつも一緒に居て、高校までも一緒だった
だが、3人は不良になり、1人は副会長
1人だけはぶられて
「裏切り者」
とかいっちゃってますしね
さらにはドMです
小さいころから生贄にされてたのか作戦Zと呼ばれるものがある
それは
何かにおわれてる時に中が自分のために皆のために通せんぼするかんじ・・・・・・
とか、目の敵にしている生徒会長に踏まれている時も、喜んでましたしねw

あと主役キャラは1人ですね
主人公が入った部活は実は偽者
もう1つ正式なゲーム製作部があり、そっちのほうにいる部長がよくでてきます(そっちの部活も4人なのだが、1人は逮捕され、残り2人はあまりでてきてない)
上記に書いた帯内容の高尾部長は乳属性でOK!?の高尾部長というのがその人物
この人も結構な常識人なため、振り回されるキャラです
特徴は・・・・・・ツンデレかなぁ?
主人公に対してもそうですが、柴崎芦花に対してもそうです
元々は仲がよかったんですがね
上記のキャラにはいない天然的な素直になれないキャラです

っとまぁ、個性的なキャラばっかりな漫画で現在2巻まで発売中ですが、気になる人は買ってみては?
私的にはオススメですよ?

余談:そういやディーといえばDグレイマン
連載再開してるようですね
最新刊購入してましたが、新キャラのやられかたといったらw
月刊?になっためか、速攻で退場とかかわいそうですw
ってか、買い忘れしてないよなぁ?
大掃除はしたものの、箱の中身の整理はしてなかったので、もしかしたらコミックの買い忘れあるかもしれませんね




タグ:コミック
posted by 貴 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137408922

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。