2010年03月05日

ULTIMO3巻感想

ULTIMOの3巻も発売してました
こちらはすっごいですね
いろんな意味でw
2巻で知ったんですが、原作者は外国人
この物語の発端のダンスタンみたいな人(たぶんデザインとなった)

よく外人が「日本人はいっちゃってるよ」とか言ってますが(アニメとかいろんな意味で進んでますし)、この人もすごい
3巻で前世の記憶が語られますが、主人公の幼馴染で男の子の前世はお姫様
なんと主人公と結ばれていたようなのだ
で、その思いが転生した今も残っており、嫉妬のジュラスと契約したことにより完全に思い出す
そしてBL的展開へ(−−;
ほんといろんな意味でどこへ向かってるんだろうか……

さらにこの巻で急展開となります
地球が崩壊?して第一部が終わります(コミックス版だと第一部とか書いてないが、連載時の感想を書いてるサイトにはそう書いてあった)
一部の善童子の魂も破壊されてしまいましたし、どうなるんでしょう
全員がいないとダンスタンにゃあ勝てないでしょうし
それともウルティモの能力で過去に戻ったのか、全部のマスターが死んでまた最初のようになるのか
はやく4巻読みたいです

といっても現在連載してるんだろうか
工事の力の「ユンボル」が再連載されてるようですしね


ラベル:コミック
posted by 貴 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。