2010年07月21日

史上最強の弟子ケンイチBATTLE391

今週は逆鬼vs中央の槍
苦戦する逆鬼だが無双構という構えをする
相手からすると隙が大きい構えだそうでそこをおもいっきしつかれる
逆鬼は相手の槍を両腕で止めたものの腹に刺さる
腹に刺されたもののそのまま反撃して敵を撃破

その一撃を加える前に敵が槍の感触がおかしいと気づく
そのせいで隙でもできたんだろうか?
その理由は逆鬼は特殊な呼吸法で重要な内臓をあばらの中に移動させてたようです
そのため表面の肉だけにささり中の内臓にはささらなかったため感触がちがったようです

これであとはアパチャイとケンイチ達ですね


posted by 貴 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157042825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。