2010年12月30日

今年最後のコミック

ってわけで今年最後になるコミックを購入してきました
購入してきたのは漫画版5D'S2巻
本当は昨日買う予定だったんですが、買い忘れてたので本日購入してきました
ってことで今年最後のコミックはコレになりましたね
アニメとかなり変わってますが氷室以外はいいかな
氷室はマシンナーズの使い回しってのがなぁ
一応新カード?はあったんだが使えねぇっていうかんじのカードでした
あと負けフラグ立たせすぎw

いいなぁと思ったカードはボマーが使っていた
まず1枚目は
チャージ・フュージョン・魔法カード
自分の手札のモンスター同士を融合させる
このカードが墓地にある場合2ターン後に手札に戻せる

融合の難点はその消費量と融合が3枚しかデッキにつめないこと
2ターン後とはいえ墓地から戻せるのがかなりでかい
ただまぁ手札限定になってますが、それでもかなり使い勝手のいいカードです
単なるコストとして使えますからね

2枚目
エクストラフュージョン・魔法カード
融合前の融合モンスター同士を融合させる

ようするにエクストラにいる融合モンスターを選び、それ以外のエクストラから融合召喚の条件に合
う融合モンスターを墓地に送り融合召喚をするという魔法カード1枚で融合モンスターを出せるかなりの良カード
つ〜かこわれカード
現状ではエクストラデッキは15枚までという制限で場所とるのはきついものの、OCGのほうは融合素材があまいHEROが多くなってるようですのでかなり活躍できるカードです

3枚目
罠解体・魔法カード
相手の罠を無効化してそのカードを装備カードとする

漫画使用なため魔法カードになってるが実際にOCG化するなら速攻魔法だろうなぁ

4枚目
恩恵の札草・魔法カード
このターンデッキから手札に加えたカードの数だけ「札草トークン」を特殊召喚する

デッキからのドローもデッキから手札に加えたとみなされるため通常ドロー+増援などを使えば2体以上のトークンを出せるのが強み
サーチカードとの相性が抜群ですね

5枚目
名称抹消・永続魔法
相手手札のカードを宣言し当たった時そのカードを捨てる
それが外れた場合自分は1000のダメージを受ける

今回の漫画で1位2位を争う壊れカード
まずダメージを食らわなくなるデス・ウォンバットを出せばデメリットがなくなる
マテリアルドラゴンがいれば1000回復するというカード
さらに相手のカードを1枚していしてカードを当てるのではないようなので、1回目はずしても相手のカードは確認をする
そのため2回目でそのカードをいえば必ず相手は手札を捨てるのだ
さらに指定がないため相手のカードを全部見てるわけなので、記録さえしちゃえば全部の手札を捨てさせることが可能
たとえ相手の手札を指定という効果がついても真実の目などのコンボで相手の手札を全部捨てさせることができる
ありえんカードです

6枚目
目殺・永続罠
相手のドローしたカードの名前を当てる
当たった場合そのカードを捨てさせ、そのターンの攻撃を封じる
外れた場合相手はカードを1枚ドローする

これがもう一つの壊れカード
先ほど上げた真実の目でもいいですし、天変地異でもコンボが可能なカード
相手の手札を捨てるだけではなく、攻撃もさせなくするという鬼仕様
ありえんですね
たとえはずしても便乗などのカードを併用すればこちらもドローブーストができるっていう・・・

7枚目
ブラック・サイクロン・魔法カード
「BFT」が1体以上いる時速攻魔法となる
魔法・罠カード1枚の発動を無効にして破壊する

これはちょっと疑問に思ったので取り上げました
漫画版だと速攻魔法という概念がありません
通常魔法でも相手の魔法罠を破壊できる
3枚目で上げたカードがいい例ですね
なので速攻魔法になるという意味あるの?っていうかんじです

アニメとはまた違ったおもしろさあっていいですが、クロウはやっぱりクロウでしたね
BFがひどいことひどいことw


タグ:コミック
posted by 貴 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177552213

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。