2011年02月23日

ワンピース第615話

姫をつれて外にでるルフィとメガロ
それをみた右大臣はあわてるが、そこに投げつけられた海賊が攻撃してくる
やっぱり力で抑え込まれてるようですが、頭ないようですね

今週号でマトマトの実の能力をべらべらと話します
能力の内容は触れた人物を的と認定して投げたものが当たるというもの
姫の状態を見る限り投げた武器より硬いもので守られた密閉された空間などにいれば当たらないようですし、打ち落とすことも可能なようです
それともう一つ重要なのがメモリー機能は二つのみということ
そのためホーディと同盟を組むときに手袋をしてたというわけです(素手で触れると上書きされしらほしという的が消えてしまうため)
で、マネマネと違ってメモリー数が圧倒的に少ないため投げつけられた人間の最後のやつ以外は既に的ではない
なので保護してもらえばいいのにね
ちょっと考えりゃあいいだけなのだが、やっぱり人間追い詰められると頭まわらんのだろうね

んで、そのマトマトの実の最初の犠牲になったのがハチ
ハチの背中にふれそこにつきささる矢
なんでハチがやられたかというとホーディのところに乗り込んでいったため
一応ホーディはハチに敬意を表している
というのも昔の魚人海賊団の幹部で人間を恐怖に陥れていた海賊団で子供だったホーディには憧れの一団だったため

んで一部昔強者がいるようだがタコの剣士は金払いが悪いからアーロンの下にはつかなかった
デッケンのほうは手下にしようとしたからだ
その点ホーディは金払いもよく、ヒョウゾウ、デッケンとうい魚人の欲をわかっている
実力は不明だが頭はアーロンよりもきれるようです(現在は薬使ってますし)

一方姫のほうが行きたかった場所はお墓
そこにはジンベエ
昔何があったんでしょうね
暗殺事件とのことだが誰が暗殺したんだろ
やはりタコ?
それとも人間?
何があったのやら


ラベル:ワンピース
posted by 貴 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。