2011年04月14日

史上最強の弟子ケンイチBATTLE426

人越拳神登場
新影流という達人クラスと勝負するも相手が100%の力を発揮できないと知ってわざと相手に刀を与える
そして一撃で相手を殺す
あくまで武人と戦い、命がけの戦いをしたいだけ
そのため一般人は手にかけないという信念があるようで、ターゲットのほうは負わず武器組みの下っ端がおうことに
下っ端は気難しいといってるが、人を殺すだけが目的なら武器使えばいいですからね
そういった意味でも無手なのかな
ま〜一影九拳の中でもまともなほう?
アーカードと同様あくまで武の高みを目指すために殺合いをするタイプかな?

んで場面はかわりケンイチ達へ
とりあえず新島のところへいったようだが専門外とのこと
そこで2番目に情報通のハーミットのところへ
あまり詳しくはしらないようだがちらほらとは知っていた
そして本当にその場所かどうかは不明だが、かつて叶翔が落ち着く場所、里があるといっていた
そこが何なのかは不明だがとりあえずその場所をきき、とりあえずそこへいくことに
んでようやく谷本に平穏が戻ってきたと思ったら今度は武田が登場
何を聞いてたのか気になって仕方がなかったようだ
周りには優等生ぶってるツケがきてましたね
んでその時大事なことを思い出すが、それを美羽にはいわないことに
たぶんそれが今回の確信にもつながるし、大事なことだから
あえて言わないことにしたんでしょう
悔しいが今はケンイチに任せてるという立場ですからね
ほんと義理堅い人です

さて監視2名(1名負傷で100%出せない)に付きまとわれてその里の場所へ移動
しかしそこには人越拳神が・・・
今は亡き(と思われる)叶翔を思う人越拳神
いい師弟だったのになぁ

しかしその弟子を死なせた原因と敵の梁山泊の弟子が目の前に
さらに梁山泊の豪傑2人を目の前にしたら人越拳神はどういう行動をとるんだろうか
アパチャイのほうは無視しそうだが、しぐれは100%の力だせますからね
それとも穏やかに話しあい・・・とはいかないよなぁ
どういう展開になるんだろ
posted by 貴 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195854237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。