2011年04月20日

ワンピース第621話

過去話でオトヒメ王妃登場
見た目微妙ですね
しかし覇気の一つ、見聞色を持っているため相手の心が読める
体は弱いが(殴った手が複雑骨折してる)相手と同じ立場になって物を考えることができる
思ってたのと違うタイプのキャラでした
てっきり口だけで行動にはしないタイプだとばっかり
今の日本もこういう人が上にたってくれりゃあなぁ
現実は直ちに危険はないとかいいつつ、重装備で5分だけの視察ですからねw
まさにいってることとやってることがっていうので・・・

んで話をワンピに戻しますがオトヒメといえど親ですね
他人の子供にゃ鼻水たらすの起こってたのに自分の娘にゃかわいいですますw
そこらへんは平等じゃないですねw
つか魚人、人魚って寿命どんなもんなんでしょうね?
魚ってすぐに成長するのもいるし、長い期間稚魚の時もあります
このあとにとある事件があってしらほしはデッケンに記憶されるんですよね?
このまんまの赤ん坊を好きになったらロリコンっていうレベルじゃないよな・・・

それと過去のアーロンも登場
アーロン、ジンベエ共に元々孤児だそうです
それとアーロンはジンベエのことを慕ってるようです
アニキとよんでますしね
さらにそれより上にいたのがフィッシャー・タイガー
魚人の孤児達の親みたいなもんかな?(アーロンは大アニキといっていた)

ただ孤児の集まりでまとめるものがいないため荒れ初め無法地帯となった
さらにタイガーは冒険家として国を出て行き、次点のジンベエは国王軍隊の精鋭に
気性が荒かったアーロンは海賊となり、卑怯物のマクロ(人魚の売り買いしてたやつらでしたっけ?)になり皆ばらばらになった

しかしばらばらになった皆が一つになる事件が起こる
それがタイガーが奴隷解放をするマリージョア襲撃事件だ
自分達のアニキが世界政府に殺されるなら俺達も力になる!ということでジンベエは除隊でタイガーに
アーロンも自分の部下を連れてタイガーの元に
卑怯者のマクロでさえタイガーについていっている
どれだけタイガーという人物が魚人街で尊敬されていた人物かわかりますね
しかしそれ以上に驚いたのがアーロンの発言
海軍を撃退しているジンベエに止めをさそうとしてるところに
おいおいその辺にしとけよアニキ!もう意識はねぇ!
だと!?
最初のアーロンからは考えられない発言ですね
やっぱり最初は人間と仲良くなりたいという気持ちがあったんでしょう
だけどやっぱりタイガーの死によって人間は奴隷以下という考えにいたったんだろうな
タグ:ワンピース
posted by 貴 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196802116

この記事へのトラックバック

広島県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 広島県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-06-06 01:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。