2011年04月27日

アラゴの感想

本来は2週間前に書こうかと思ってましたがめんどくて・・・
サンデーに連載していてもう少しで終わりそうなARAGOの感想ですね

4騎士はそれぞれにそれぞれの絶望をもっていたが・・・
ぶっちゃけあれパッチマンが故意に作り出した状況なきがする
種の素体となるものを見つけ、その後周り状況が悪いのを確認し絶望へと叩き落す準備をする
当然周りのやつには
あいつを切り捨てればお前らはこれからも成功する
お前はどうあがいても助からない、このほうが楽になる(もしくは自殺にみせかけて殺した)
事故として処理をすればお前の地位は守られる
娘を殺せば夫はお前だけの物だ(といって先に夫を殺して、娘が殺害したと勘違いさせる)
などといってそそのかしたんでしょう
んで、絶望の完成
どれもこれもがタイミングよすぎですしね
それに気づかずパッチマンのために尽くしてるのが悲しいですね
ラベル:雑誌
posted by 貴 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。