2007年06月02日

ドラゴンボール・マジュニア編まで

まずは最初のコミック紹介です
何がいいかと悩んだ挙句にドラゴンボールにしました
かなりの定番です
ですがやっぱりこれはかなりの名作です
やはりはずせません
この物語は初期は伝説の玉・・・つまりはドラゴンボールを集めるというお話
ドラゴンボールとは7つ集めると一つだけ何でも願いがかなうという不思議な玉だったのだ
当初はそれを集めるための冒険だったのだが孫悟空が地味で人気がでてないということで路線を変更
そのため強さを追い求める主人公を目指すとのことであの天下一武道会が生まれたそうだ
その後それがいかされ、悟空に人気がでて悟空の地味さがなくなりキャラクターが確立された
その後さまざまな冒険を経て巨大な悪・・・つまりはピッコロ大魔王と戦い打ち破り、その子供のマジュニアとの対決で作者・・・つまりは鳥山明氏は連載を終了させようとしていた
だがしかしそのころにはドラゴンボールは人気がですぎていた
週刊少年ジャンプで不動の一位をとっていたのだ
そのため終了が認められなくそのまま続行
それでも鳥山明氏はあまりネタを考えてなかったためかそのとき(マジュニア編終了時)のコマにもうちょっとだけ続くんじゃという亀仙人の言葉があった
しかし全然終わらなく(読者としてはうれしいことだが)鳥山明氏はかなり大変だったと思う
そしてそんな行き当たりばったりの状態だったのに本当に胸躍る作品を書き続けてくれた
本当にすごいことだと思います
サイヤ人編以降はまた後日書きたいと思います
長いですからね・・・











posted by 貴 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。