2007年06月19日

ドラゴンボール・フリーザ編・ザーボン散る

前回はベジータが回収されたところまででしたね
今回の主な話はクリリンのパワーアップとドラゴンボールの奪取とザーボンの死ですね
悟空はひたすら修行を続け50倍の重力に慣れていた
その頃クリリン達は最長老様のところについていた
そこでピッコロのこととドラゴンボールのことを聞く
それとついでにクリリンは最長老の手によって今の段階での力を最高にまで引き出してもらった
そしてドラゴンボールを最長老様から預かりブルマ達の元へ向かって戻っていった
その頃ベジータはメディカルマシーンによって治療を受けていた
ザーボンもアプールもまだ30分程度は目をさまさないとふんでいたのだがベジータは圧倒的な回復力によってすぐに目をさまし目の前のアプールを一瞬にして殺してしまった
その頃悟飯はベジータによって隠されていたドラゴンボールを回収していた
話はベジータのところに戻りベジータはフリーザの目を盗んでドラゴンボールを遠くに飛ばし逃げ出す
見事成功しドラゴンボールを5つGETしたやさきにクリリンを発見し最後のドラゴンボールと思い追跡する
それをザーボンがみつけベジータがクリリンをザーボンがベジータを追うという形になる
そしてクリリンがブルマの元に帰還すると二人も追いついてきて戦闘が始まる
ザーボンはしょっぱなから変身して戦うがパワーアップしたベジータの前にはかなわなかった
そしてクリリン達からドラゴンボールを奪うとこれで願いがかなうと信じてベジータはドラゴンボールの元へと帰っていった
今回はここまでにしたいと思います

余談1
最長老が二つに別れていなければピッコロはサイヤ人に負けないっといっていたがそれはある意味間違っている発言である
別れていなければ今はよぼよぼのナメック星人になっていたからだ
まぁその状態でも強いと判断したんでしょかね?
ピッコロの元々の戦闘力が謎です
余談2
最長老様はすごいですね
何せ一瞬で潜在能力を引き出してしまうんですから
しかしこの漫画は潜在能力というものがあるといえばあるのだがないといえばないんですよね
どんどん進化していくためその時の潜在能力でも戦えばさらにそれを上回ることができるので潜在能力はあるようでないんですよね
いい例が悟飯ですね
きれるたびに進化していきますからね
余談3
クリリンは潜在能力を引き出してもらったわけですがはっきりいって戦闘力がどの程度かわかりません
後々の話になるのですが2万3千の悟空ギニューに対して善戦してることにより戦闘力は2万3千以上と考えるのも一つなのですがそうなるとちょっとおかしなことが・・・
それはベジータがザーボンの気を大きな気・・・っといっています
しかしこのときザーボンは通常形態・・・よって戦闘力は2万3千なわけなんですよ
そうなるとクリリン以下
しかしクリリン自体がザーボン登場時に最悪だ・・・っといってることからその戦闘力は通常形態でもクリリン以上ということになります
ん〜どういうことなんでしょうね?
ようするにクリリンは戦闘力以上の身体能力の持ち主ってことですかね?
ナッパ戦でもそうでしたし、戦闘力の差を身体能力で埋めている感じがあるので
もしそうだとしたらクリリンの戦闘力は1〜2万ってところですかね?
余談4
今回もベジータのパワーアップにより強敵を撃破したわけですがちと謎があります
それはベジータの今の戦闘力はどんなものかということです
はっきりいってこのときの数値はわかっていないうえ弱体化してる可能性もあります
今回勝てたのは不意打ちで目潰しをして大ダメージを与えたため大幅に戦闘力を削ったからです
そのため戦闘力がアップしてなくても勝てるんですよね
なのでちとわからんのですよね
まぁ詳しいわけはリクーム戦のときに解説したいと思います





posted by 貴 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45242282

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。