2009年12月28日

バカとテストと召喚獣(コミックス版)の感想

久々にコミックの感想でも書きます

んでまぁ、新しく買ったのがラノベ原作?のバカとテストと召喚獣です
感想としては・・・・・・
よーわからんっという感想ですね
とりあえずは↑の感想はぱらみした時の感想です

この学園はテストの成績でクラスが決まる
そしてテストの点数で召喚できる召喚獣?の強さが決まるというもの(クラスわけと召喚獣用のテストは違うようです)

で、主人公はバカなので最低ランクのFクラスに
そのクラスは設備も最低
そのため、それを脱出するために、Aクラスを撃破してAクラスの最高設備をGETしようとたくらむっという話らしい
当然ながら、テストの点数=召喚の強さに比例するので圧倒的に負けているだろう
それとどうやって覆すのかな〜って読んでたのだが・・・・・・
いまんところは、そんな知略とかな〜んもないですね
普通に真正面から戦えば点数低いほうが必ずまけてますし
ただ、相手の点数も削られるらしく、複数人でたたけば勝てる可能性もあります
ですが、逆を言えば複数人でたたいても、そいつらにもダメージがでてきて、どんどん能力がさがっていくわけです
っとなるとどうあがいても勝てないよなぁとか思ってしまいます

っとまぁ、ここまで負け要素のみ書きましたが、一応勝ち要素キャラもいます
テスト途中で体調が悪くなり、テストが受けられなくなったヒロイン(クラスわけのテストなため、召喚獣能力のテストとはまた別)
これはAクラスの頭のよさで、それ以外のクラスのやつらには負けないでしょう
ただし、どこまで通用するかは不明
全てのクラスに総合的に負けてますからね
ヒロインのことがわかったら、多少犠牲を払ってでも速攻でつぶす可能性ありますし
まぁ基準点がよ〜わかってないので、なんともいえないんですがね〜
それと、昔は神童と呼ばれた悪友などもいる
個性が強いキャラがいくつかは集まってるから、それらが同活躍するのかが見物ちゃあ見物な作品・・・・・・のはずです(1巻なのでなんともかんとも)


んで、こっからの感想はルールを読んだ後の感想(コミックの中に対戦ルールが書かれてるページがあります)
「クラスの代表を倒せば終了」というものらしい
このルールのおかげでFは上位ランクのDをクラス内最強のヒロインで倒して勝利している
だが、逆に問題もあると思う
っというのもクラス代表の周りに他のクラス員全員確保しちまえばよくね?っていう話だ(将棋でもある、他の駒に囲ませて鉄壁をつくるやつ)
「一度敗退しても、補習を受けて点数を確保すれば復活」できるらしい
なので補習場所も近くに確保してあれば、何度もでも盾が復活する
当然相手も、リーダーを撃破しないと勝利にはならないが、消耗率の速さはFのほうが当然はやい
さらに補習を受けたとしても、バカだから問題を解くのにも時間がかかるだろうし、点数も低く復活しても回転率が悪いだろう
それらをどうやって、暗躍してる悪友が解決し、主人公が活躍するんでしょうかね

主人公の特異な点は、通常の点数のキャラより力が強いらしい(まだ活躍はしてません)
が、自分にもダメージがくるというものらしい
な〜んか根本的な設定をぶちこわしてるようなき〜もするんですが、なんらかの説明あるんでしょうかね?

テストで力が決まるという学園っていう設定ですからね
策をねってリーダーのみを撃破〜とかなら、悪知恵、戦略など、普通の勉強以外の光ところがあるからいいと思うもんですがね
テストの点数ひっくいのに、それ以上の力を出せるのはなんだかなぁと思います

気になってる人は、アニメも始まるようなのでそっちを見て内容を確認するか、小説買って詳しい内容を確認するかしたほうがいいですね〜
この感想すっげー私的ですし、コミックスの1巻しか読んでない感想ですしね




ラベル:コミック
posted by 貴 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

近藤るるるの新作「テラオ」発売

新作のテラオが発売されました
世界観などは前作からの「たかまれ!タカマル」と同じですね
タカマルのキャラの蓮沼も登場してます

近作の内容はゲームが大好きな教師がとあることから転任を言い渡され、島に転任することから物語が始まる
その島には「テラオ」と呼ばれるロボットがおり、ゲームソフトを入れると現実とリンクする機能が備わっている?ようで、驚くべき性能
島の住人も一癖あるものばっかりで、ドタバタな毎日が始まる

っというもの
1巻ではモンスターハンターをテラオに読み込ませるのと、SF4を読み込ませているため、1巻前半は狩りシーンがあります
後半は格闘大会がありますね
まだ1巻なので、なんともいえませんが、雰囲気はいつものなので近藤るるる作品が好きな人は買っても損しない作品ですね




ラベル:コミック
posted by 貴 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

らき☆すた7巻などの感想

売ってたので購入して、ちまちまと読んでるわけですが・・・・・・
驚きました
てっきり、歳取らないタイプの漫画だと思ったんですがね
何気に大学生になってました
一応、前の巻で卒業シーンあったんですが、何事もないかのようにまた高校生でもやってるのかとばっかりw
メインキャラ4人は全部同じ大学なのかな?
まだ最初のほうしか読んでませんし、基本的な日常かわってないんで違和感ないんですよ
高校だろうが大学だろうが同じなので

話はかわりますが、ぶーぶーかがぶーが連載してるようですね?
ちゅるやさん購入して、1巻で終わってることに落胆したものの、同じようなギャグの4コマが続いてるのはうれしかったです
つ〜か、元の同人誌のほうを買ったほうがはやいですかね?(同人誌と本誌が同じようなネタなら)

そういやハルヒちゃんのほうはわけわからなくなってきたなぁ
ちゅるやさんは原作わからんでもいいネタばっかりだったんですが、ハルヒちゃんは消失に移行しちゃいましたからね
原作購入しても放置してる身とてはついてけないネタでしたw




ラベル:コミック
posted by 貴 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

はじめてのあくの感想

最近更新頻度が少ないなぁ・・・・・・
とか思ったので、久々に漫画の紹介をば
現在コミック2巻まで発売中の「はじめてのあく」
最近これを購入しました
最初の頃はとばしてたんですが、せっかく買ってるのに飛ばしよみはもったいないかと見たらはまりました
この漫画の感想は一言でいうと「ラブやん」ですかね
ストーリーなどはぜんぜん違うのですが、ノリやたまの絵がラブやんに該当しまくりです

んで、肝心のストーリーですが、悪の組織が正義のヒーローにつぶされ、復活するまで従兄弟の家に居候することになる
そこで起きるドタバタ日常を描いてる作品です
基本1話完結で、1週ぐらいとばしても楽しめる作品
コミックス派や購買層には関係ないことなんですがねw
私的にはノリのいい漫画なので好きです




ラベル:コミック
posted by 貴 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

あずまんが大王2年生

とりあえず購入してきました
分厚いですね
んで今回も修正がありました
一番わかりやすいところはプールのところかな
榊さんのポニーテールは新鮮味があります(補習のほうでもポニーにしてます)
次が最終巻の3年生ですが、追加はどんなもんだろ
大学生活になってからとかあるのかな?
楽しみです




ラベル:コミック
posted by 貴 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

史上最強の弟子ケンイチBATTLE342

重心を捉える修行は終了
次の修行の地は・・・アーケード
この人ごみの中で何やるんでしょうね
人をよけながら進む・・・とかじゃないだろうし、何やるんだろ

話はかわりますが、任務を取られたおかげでクシナダ学校にこれてますね
んで花の育成
前に撒いた種が芽を出しました
反応がいちいちかわいいです
まぁ今まで合理的にいきてきて、無駄なことしてなかったからなんだろうなぁ
効率も大事ですが、人間は無駄をしないとね〜
じゃなかったら漫画やゲームなどの娯楽関係は意味なくしますからね


posted by 貴 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

スクールランブルZ

ってのが発売されてました
本来の目的じゃなかったんですが購入しました(できればゼロ魔の最新刊でてたらいいなぁって思ってました)
帯に
愛理 実力行使、播磨 男のケジメ、八雲は・・・。
三角関係、ついに決着!!
とのことで期待してたんですが・・・・・・
びみょ〜でした
っというのも、1冊全部が空白の数年間のことを描いてたわけじゃないからです
っというかその話は1話分でちょこっとあったのみ?
結果として決着はついてましたが、どういう経緯でどうなったかはまったく描かれてませんでした(くっついたほうと播磨が赤ちゃんを抱いてたシーンが数コマあったのみ)
それじゃあ、つまらないですよねー
んで、コミックの内容はほとんどパラレルワールドばっかりでした
私と同じ期待をしてる人はあまり期待しないほうがいいですね




ラベル:コミック
posted by 貴 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

あずまんが大王1年生

新装版ですね
買ってきました
ただ、買うときにかなり探しましたね
でかいサイズのコミックのところを必死に探してましたので(−−;
ヤングガンガンなどのコミックの大きさのため、いくらさがしても見つからなかったわけです
んで、いろいろと違和感あったんですが、手直しがあった?
それとも雑誌連載時の時の内容?
昔のあずまんが大王のほう見つけたら比較してみます
うん・・・・・・かなり後になりそうですがw

んでこの新装版の違いはまず値段
安いです
1年生、2年生、3年生とでるはずなのですが、一冊の値段が619円+税
前は1〜4巻でそれぞれが1000円くらいなので、全部買うと半額以下で読めます
さらに既存エピソードに微妙ですが追加があります
それ以外にも補習と題して完全追加が16Pありますね
既に持ってる人でも再び購入して楽しむことができますよ?





ラベル:コミック
posted by 貴 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

シャーマンキング最終公式ガイドブック

とりあえず買いました
最近買ったの書いてないなぁ
今完全に買ったコミック放置ですからね
整理していないんですよ
っと、まぁそれはいいとしてマンキン完全版の最終巻?です
公式ガイドブック+完全版最後の後の話と数年後の話が入ってます
キャラクターの詳しい説明が主ですね〜
漫画のほうは最後につづくとか書いてあったがネタなだけかな?
どうなんでしょ

現在はウルテイモやってるからネタかな
そのウルティモは7月3日が1巻発売予定ですね
究極の善と悪の対決の話だったようなき〜がするんですが、何にせよ楽しみです


posted by 貴 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

マンキン完全版27巻

ってわけでラストです
明日は土曜ですからね
発売は今日です
んで、読み終わりましたがカオスでした
展開的にいうとGガンと漫画版封神演義に近いかな
それらをあわせたようなものでした
ネタバレですが
環境問題→魂いっぱい→愛
ですから
これだけじゃ意味不明でしょうがGガン見たことあり、漫画版封神演義見たこともあって、ラストのシャーマンキング完全版もみれば納得するはずです

それと未来の話がちょこちょこのってましたが(漫画からあったやつです)それのラストも追加されましたね
それが最終話です
全員の大人ver
葉とアンナは既に結婚済みですね
蓮も結婚してます
相手は・・・・・・
ただその相手の大人verは描かれてないので残念ですね
女性のほうはアンナとたまおしかか描かれてませんでした
どうせならラストに全員の子供verと大人verのでかい絵をそれぞれ1ページくらいほしかったものです
まぁ6月に最終公式ガイトでるようなんでそっちも買います
ここまできたら最後まで買いますよ
ピンズはだるくて応募しませんでしたがw

最後にきめぇっておもった画像を

090403_194051.JPG

ってかアマゾンだと既に売りきれ?
ほしい方は近くの書店を見に行ったほうがいいですね

posted by 貴 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

マンキン完全版25巻・26巻

25巻は追加とかはないですね
描き直しはあったかもしれません
この巻で十祭司が強くなった理由がわかりますね
それは歌です
思い込みで巫力アップってことですね
たしかに人間思い込めばある程度変わるもののあれは変わりすぎですよね
まぁシャーマンの力は心の力っていわれてたし、いいのかなぁ・・・・・・?

っで26巻ですがこっから完全追加があります
週刊だとカリム戦前で終わりましたよね
っでそこにはスピリットオブファイヤがありました
てっきりそれをつかって練習代わりにカリムを瞬殺かと思ってたんですがちがいました
あくまで対戦はホロホロvsカリムでした
その時にホロホロが名を捨てた理由とハオが興味を引かれた理由がはっきりとわかりました
ハオもホロホロも大事なものを失った
そして一人ぼっち(心が)なところが一緒だったんでしょう

この巻で十祭司は7人倒します
次で8人目ですがシルバじゃなかったんで9人目がシルバですね
8人目に活躍するのはたぶんチョコラブかな
リゼルグ・ホロホロ・蓮・葉は活躍しましたがチョコラブはまだ活躍してませんからね
9人目は全員かな?
10人目から5大精霊つかうのかなぁ
でもまだサティが一つ確保してませんからね
いつ届けられるのでしょうか
ってかどうやっておいつくんだろう
まぁ何にせよ、残りは族長と十祭司3人とハオですね

posted by 貴 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンキン完全版23巻・24巻

23巻は地獄から帰ってくるのと蓮チームvs葉チームの話ですね
そしてこの巻の終わりで葉の新しい力のいったんがわかりますね
5大精霊は水・火・地・風・雷です
その一つの地をつかさどるのが葉のようです
まぁちょっと無理やりなきもしますがね
だって刀使ってるっていうだけですからね
それ以外は技として連は雷・チョコラブはスピード(風)・リゼルグの復讐の炎・ホロホロの氷を使ってますからね
いや、葉のこといったらいきなり雷使い出した蓮
天使(車)と妖精の複合式で何故か炎になったリゼルグもおかしいかw

っで24巻は待望の追加です
といってもちょっとですがね
それ以外の内容は軍隊が攻めてきてくるがそれの9割りをハオが討伐
残りは葉達に任せて片付いた後はムー大陸に移動ですね
入った直後にラキストvsマルコです
そこで何ページが追加ページがあります
それ以外は新規はありませんね・・・・・・たぶん
詳しい内容は買ってから見てくださいってやつなんですが一応戦闘中は皆その場にとどまってます
てっきり葉達を先に行かせて戦ってたのかとばっかりおもってました
だって週刊の時はいきなりシーンが飛んでリゼルグがマルコーって泣いてたシーンになってましたからねw
それとラキストが何故ハオ側についたのかも戦闘中に語られてます

posted by 貴 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

イフリート9巻感想

これにて完結ですね
んで、おまけは〜?っておもったら1ページもねぇw
あれ〜?
って思い、8巻を探す
んで発掘完了
8巻のおまけページ見てみると・・・・・・
「9巻はおまけなしで本編を描き足します!!」
っということだ
4〜6ページほどらしいんだが・・・
どこよw
どこに追加したページがあるんだw
雑誌捨てなきゃよかったなぁ(−−;
比較できませんw
せめて追加したところだけでも記載しておいてほしかったものです

ラベル:コミック
posted by 貴 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

ネウロ20巻感想

っというか、驚いたことだけを書きます
5本指のジェイニュインのことです
話と話の間のスペースに、キャラ紹介やら小ネタやらがあるんですが、そこでジェイニュインが紹介されていた
驚くべきことは、年齢51歳w
強化細胞などではなく、あの若さは素のようです
んで、若さの秘訣は無駄にエロい事w
イミフですねw

   
ラベル:コミック
posted by 貴 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

アスクレピオス1巻感想

1巻でましたね
内容は医療漫画
ただしこの世界では人の身体に刃物を入れることを禁じる宗教上の問題から第一級異端者に指摘されてしまうので主人公は切り裂き魔呼ばわりされ協会に命を狙われている
っで物語当初から切り裂き魔扱いされてるので主人公は隠れながら生きてきた
もちろんそれは死にたくないため
だがそんな彼もロザリィと出会い人々を救っていくたびに心が成長していき医者として外科医としてのプライドを持っていく
ジャンプとしてはアレな作品ですので通常の戦闘物とか好きな人はつまらないかもしれませんね
派手なのないですからね
んでコミックですが微妙におまけあります
話と話の間のスペースに4コマなどあるんですがバズかわいいですねw
2話目と3話目の間にある4コマとかそりゃあもうw
気になる人は読んでみてください
1巻目なので購買進めてる本屋なら立ち読み可能かもしれませんしね

ラベル:コミック
posted by 貴 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

なんとなく伝説の勇者の伝説感想

おもしろそうだったんで買ったんですが・・・
正直発売逆だよなぁっと思う作品
っというのもこれの元は小説ででていているのですが今度漫画版もでるようなんです
っでこの4コマ
大まかにキャラ説明はしてあるもののぜんぜん設定がわからんのでイミフなことがおおいんです
なのでこれ発売より先に漫画版をだしたほうがいいなぁっていう4コマですね
もちろんすでに小説版を読んでる人にとってはわかるでしょうので関係ない話ですがねw
一応4コマはネタ内容になっておりキャラが多少偏見になってる・・・はずですよね?
漫画版でたら買うのでそっちを読んだら再び読み直したいですね

ラベル:コミック
posted by 貴 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロリコンフェニックス 新食感感想

いや〜タイトルがタイトルですよえねぇ・・・
それはともかく読んでみましたがどうやらフェニックスメインの話ではなく相手のカイザー側の話でした
そういや3巻の終わりにカイザーの話がどうのこうのってありましたからね
んで内容はほぼかわらず
いつものごとくです
どっちサイドだろうが結局はやること一緒ですからねぇ・・・
はははw;

ラベル:コミック
posted by 貴 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

マンキン完全版21巻・22巻

この巻のキャラ紹介から甲縛式というのがでてきます
実際に漫画内で語られるのは完全版だと23巻かな?
ジャガーマンももちろん甲縛式です
んでこの巻は前巻に引き続き蓮vsヤイナゲですがその後が謎です
もちろんその謎はホロホロです
少し前までホロホロの巫力は3桁
一応修行とかしてそれなりにあがって入るとは思いますがあがりすぎじゃあありませんか?
私的にゃあホロホロ好きなんでいいんですが死んでもないのに強力になりすぎですよねw
一応ハオがパワーアップの原因っぽいことや蓮達芝居云々いってたんである程度実力は隠してたんだろうがパッチの秘伝機能でも巫力3桁確認してるからなぁ
ほんと謎です
っまよくわかりませんが彼のおかげで勝利ですね
その後は地獄辺突入ですよ
地上は地上で結構な波乱状態ですしここから物語がはやくなってきますね
何人死ぬ事やらw

22巻もまだ地獄ですね
地上のほうはアンナvsハオですよ
正直この二人にゃかなり戦ってほしかったw
アンナの力は未知数ですからね
一応後々の対戦で甲縛式と戦ってるときはハオ優勢でしたが結構な力消費させてましたからね
二人の本気の戦いを見てみたいものです
posted by 貴 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンキン完全版19巻・20巻

やっぱり天使がかなりかわってます
書き直しのやつですね
やっぱり車っぽさがかなりでてるデザインになってます
っで19巻はチョコラブvsゴーレムからですね
いろいろとぶっぱして残りのバッテリー減らしてしまったため結構いい勝負でした
っがまぁ最後は・・・w
それおわると葉vsX-LAWSですね
もちろん理由はシャーマンファイト復帰のためです
っで最初は騙し
次は実力で攻撃していったわけですが途中でラキスト参戦だもんなぁ
もうちょいあの時点での戦いみたかったですね
んで20巻はラキストvsX-LAWSからです
圧倒的ですね
スピードもパワーも他の天使の比じゃありませんからね
ただ当然つぎ込む巫力も多いんで最後はああなったわけですね
で、実際問題霊力いくつなんでしょうね
自分以上の霊力でも巫力使えば一定時間は保てるもののアレは違いますからね
壊されない限り保てそうですし
ってことはラキストの全巫力よりはすくないんでしょうがそのラキスト自体の巫力が不明なので一生不明でしょうなw
wikiとかにのってたらいいですがどうなんだろw
さて決着ついた後は久々のトーナメント戦
蓮達vs神クラスです
どんな攻撃をしても攻撃が届かなかったが巻末にして一発いれてますね
どこがどうちがうんだろうかっていう話ですがそれは次巻にのってますね
posted by 貴 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

パッパラ隊の特典明日締め切りですね

すっかりわすれてましたが明日締め切りです
それと勘違いしていましたが新装版1〜6巻についてるのを1セットとして上巻
7〜12?で中・13〜18で下巻?がもらえるようです
たぶんだるいんでださないとおもいますw
いや〜ちょい読んでは見たいんですがね
っというか消印有効じゃなけりゃあすでに手遅れですしねぇ
一応もっかい条件見直しておきますが放置だとおもいますw
正直カバーにではなく別なもの応募券いれておいてほしいものですわ
ラベル:コミック
posted by 貴 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。