2011年01月27日

発売日前に完売

23日の記事にノーブリッシュ発売とのことでしたので水曜に行く予定だったアニメイトに火曜の昼にちょっとでてって買いにいきました
どうも通常版と限定版があるようでしたので、とりあえず探索
っが通常版しか見つからなかったので店員さんに
限定版ありますか?ときいたら
何それ?との受け答え
いやそれダメだろと思いつつも、アニメイト限定版ですか?と聞かれたので違います
といって反応待つ
ないならないですねとのこと
おいおい・・・と思いつつもじゃあ入荷して品切れしたんですね?ときくと
たぶんそうです
あいまいすぎる
んで仕方なく別店舗へ
とりあえず虎に行ってみると数個在庫発見したので、続いて普通の書店、メロンと巡回
メロンにポスターがはっており
25日通常版と特総版発売とのこと
んで探してみるもやはり見当たらないので(通常版は残りわずかですがありました)店員にきいてみることに
あそのポスターに25日同時発売とあるのですが特総版ありますか?ときくと
あれ?ないですねとの答えが
こっちもあいまいだなぁと思いつつもんじゃ特典のしおりは残ってますか?と聞くともうないとの返答が
おいおい、今日まだ24日ですよ?
え?
なにこのなのは状態(コミケでなのはが発売前に完売してたようです)
と思いしかたなく虎で確保してきました
というかこれはゲーム+小説としてちまちまだしてくのだろうか?
てっきりこっちは一冊完結でゲーム(エロゲ)のつなぎかとおもったのですが、そうでもない?
よくわからない販売方法ですね
公式もよくわからない状態でしたし





ラベル:小説
posted by 貴 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

烈風の騎士姫2巻が発売

烈風の騎士姫の2巻がでました
本編が少し前にでたばっかりなのにはやいですね
こっちもぶっとんでる内容かなぁ?
っというのも、本編のほうの最後の内容が
寝るときは
右側にルイズ
左側にシエスタ
上にタバサ
の無敵?布陣といういつ刺されてもおかしくない状態でしたからねw
いつもは馬鹿キャラなシルフィードが黒かったのも新しかったです


ラベル:小説
posted by 貴 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えむえむっ!がアニメ化決定

なんとアニメ化決定だそうです
キャストはドラマCD化の内容と一緒なのかな?
最近アライブ買ってないからなぁ

というか、最初はただのドMな主人公だしなぁ
アニメ化よくできたなw

でも、今やってる?クェイサーってのも相当ひどいようなので深夜番組なら関係ないのかな?


ラベル:小説
posted by 貴 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

えむえむっ!ドラマCD!化

声優が決まり、発売予定日も決定したようです
予定日は
2010年3月24日発売予定
だそうです
全員、応募での声優起用かと思いきや、ヒロインの石動美緒役のみなようですね
もう1人のヒロインは応募ではないようです

以下公式情報より

砂戸 太郎  声優:鈴木 千尋
石動 美緒  声優:石黒 千尋
結野 嵐子  声優:堀江 由衣
鬼瓦 みちる 声優:桑島 法子
砂戸 静香  声優:野中 藍
砂戸 智子  声優:久川 綾

見事採用された、石黒千尋さんのインタビューのページもあります
前に4人ほど最終候補いましたが、どの声の人だったんだろ?

つか、ツンデレ、ドSでちょこっと弱いところあるので、釘宮でもいいようなきーがするんですんがね(採用された石黒さんすいません&知識が狭くてすいません)

それとコミックアライブ2月号か3月号で、ドラマCD用購入の申し込みができるようです
そっちのほうが特典が多いようですよ?

余談1:そういや台湾やシンガポールで釘宮病の感染が広がってるようです
灼眼のシャナが人気なようです




ラベル:小説
posted by 貴 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

涼宮ハルヒシリーズに新カバーが期間限定登場

新カバーつか、期間限定のカバーが売ってました
今後コレでいく〜とかではなく、今年の夏までなようです
これ売れるの?とか思いつつも、買う人は買うんでしょうね
現時点のラノベ全部で一つの絵となりますし
それより前に告知されて、ずっと延期になってる新刊がでてほしいものです


ラベル:小説
posted by 貴 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

OCGにてクロウの新シンクロモンスターカードがでるようですね

ブラックフェザー・ドラゴン星8 闇 ドラゴン族・シンクロ 2800/1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分がカードの効果によってダメージを受ける場合、代わりにこのカードに黒羽カウンターを1つ置く
このカードの攻撃力は、このカードに乗っている黒羽カウンターの数×700ポイントダウンする
1ターンに1度、このカードに乗っている黒羽カウンターを全て取り除く事で、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の攻撃力を黒羽カウンターの数×700ポイントダウンし、ダウンした数値分のダメージを相手ライフに与える

という効果らしいです
で、なんでジャンルが小説かというと、これすっげーネタに使いやすいからです
ってわけで、クロウのショートストーリーでも書こうかなぁって思ってます
問題は……
OCGわからないんで、どんなBFがいるかわからんということですね(−−;
一応話しの最後の流れのみは先に書いちゃいます

デュエル内容はライディングデュエル

流れ的に相手の攻撃→クロウのライフが800になる
相手の手札0が好ましい
で、クロウのターンでBFDをシンクロ召喚
BFDで相手のモンスターを一体破壊
相手のモンスターよりBFDの攻撃力のが大幅に上回っている状態
これで逆転か?と思われたが、セーフティラインを超えているので相手は強気
相手がドローして、ドローしたカードがSPカード
これで勝った的な高笑いをしてSPワールドUの効果でSPカードを見せ、相手に800のダメージ
しかし、BFDの効果で無効化(2800→2100に)
なんでしなねーんだってあせっている(できればモンスターは守備表示にできず、攻撃力2100未満の雑魚が好ましい)、それでターンエンド
クロウのターンでカウンターを除去
相手に700
それ+戦闘破壊でライフ0ってのが好ましいですね
まぁこれを形にする前に公式が同じような展開のアニメ作ってくれるかもしれませんw
その場合はお蔵行きですね〜


ラベル:遊戯王 小説
posted by 貴 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロの使い魔18巻 滅亡の精霊石 のネタバレ有りな感想

25日なったんで感想あげます
ついで記事が2000になりました

18巻は前回の終わりから始まってました
ってことでまだガリア領内にいるようです
すっかり忘れてましたよ
そういや最後は地下?で4兄弟の1人倒し終わったところだなぁって

その後はあらすじに書いてあったようにルイズがサイトに向けて素直な気持ちを言ってますね
で、そのあとは
あれ?私いつからポルノ小説読んでるんだっけ?
ってな展開になります
ただサイトが結婚してから〜といって、やってはいませんが
もしここでやってたらカンナギ?とかいうのの二の舞になってたんでしょうかね?
どなんでしょ?(まぁやったらやったで姫様達に覗き見されてる状態になるわけですがw)

途中までなら立ち読みコーナーで読めます
っていうか発売前でも読めるんですね
活用したことなかったですw;

2章は久々にワルドとフーケが登場
この巻でワルドの本当の目的が明かされます
っというのも元々家のため?とかなんとかいって、ルイズ欲してましたよね?
その理由が明らかになってます
その理由は母親が見つけた世界の秘密を探ることだそうです
聖地にいけば、そこに救いの鍵があるといってたようです
当時は母は狂ってるとか思っていたようですが、とあることがきっかけなのと20歳の時に母の日記を見つけて決心したそうです

ただまぁその理由語った時が情けないですね
フーケにしつこく聞かれてたんですが、黙ってたんですよ
で、しゃべったきっかけの言葉は
「抱かれるのもごめんだからね」
ってのは(TT
ほんと初登場時とちがってダメダメになってますね

3章〜6章はガイア領内でのロマリアキャラの話ですね〜
3章はタバサの妹がでてきました
ちと驚いたのが自分が利用されてるって自覚してるところですね
んで、こっからジュリオの様子がおかしくなります(この巻でだいぶ印象がかわります)

それと地下水も出てましたね
17巻から再登場でしたっけ?
元々は外伝に出てきたインテリジェンスソードでしたね
つ〜か処分されてなかったんだなぁ
イザベラの裸踊りさせちまってたわけだし、その後処分されててもおかしくなかったのにね

4章ではタバサの居場所がわかりますが、あの孤島ではありませんでした
てっきり、あそこに送られてるのだとばっかり思っていましたがね
ふつ〜にガリア領内でしたよ

5章では教皇が世界の秘密っぽいことを言ってます
ワルドの母親が突き止めてた事実と一緒のことでしょう
しかし、あれ?こいつ前巻と全然キャラちがくね?ってなってます

次の6章じゃ、おいおいこんなキャラだったか?ってなってますし
簡単にいうと、私は世界を(ハルゲニアにすむ人間を)助けるために動いているっていうキャラになってます
問題はそれが本当なのかってことですね

今回起こってる事態は1万年に1度とあるといわれてます(どうやって調べたかは不明だが)
っとなると、1万年前にも同じことが起こったはず
ならなんで人類いきてんの?ってことになりますしね
それに始祖の出現は6000年前(虚無の四人が集まって魔法装置によって世界を救うだそうです)
あれ?別に虚無いなくてもどうにかなってたんじゃね?っていう話だよなぁ
それに6000年前は何と戦ってたのかもよくわかってませんしね
まだまだ続きそうです(−−;

7章にて帰還
その前に発掘調査して教皇が言ってたことが事実かどうか確かめてますが、いってること自体は本当のことなようです
ついでにその時にエレンオールが××と発覚
出戻りなのに
どんだけ短い生活だったのやらw;

いつのまにか8月になってたようです
もう1年4ヶ月ほどサイトはこっちの世界にいるんでしょうかね?
あと6ヶ月でティファニアが使い魔の召喚を試すでしょうので、第四の存在があきらかになるのかな?

さて、話はかわり、何故かサイトの領地にいるコルベール
ほんと彼はすごいですね
ついに自作の船に戦車の大砲まで……
つか弾は何発残ってるんでしょうね
大砲搭載したとしても、撃つもんがなきゃ意味ないですしね

それとタバサとシルフィードが一緒に住むことに
助け出したあと、冠いらないといい
サイトに協力するからという名目で住むことに
タバサはさらに寡黙になってますね(頼れる人間ができたから幼児退行してるんでしょうかね?それとも単にどうやってきりだしていいのかわからず、しゃべれないのかな?)
その代わりシルフィードがしゃべりまくってますがw
それとタバサのおかげ?でルイズにも嫉妬エネルギーたまってます
次回の戦闘はエネルギーは大丈夫でしょう

8章にて新キャラ登場
エルフのキャラが二人でてきます
この話みると、ワルドの母が言ってた救いの鍵ってのが”シャイターンの門”ってことなんだろうなぁ
なんでしょうね
やっぱり地球や異世界につながってるってことなのかなぁ
教皇なら異世界を見ることができてますからね
それを欲してもおかしくないわけですし
名目としては住む場所が無くなるから、元々住んで場所を奪い返すってことなんでしょうが、虚無ができたのが6000年前ですしね
ちとひっかかります

9章はエレオノールがサイトの領地にきます
つ〜かどうも、秘密しってしまったため、怖いようです
性格が烈風の騎士姫時の母親まんまですね
臆病なところを受けついでます

エピローグでは新キャラ+1人がサイトの領地めざしてますね
つかティファニアって今どこにいるんだろ
アンリエッタのところですかね?
それとも帰還せずに学校かな?
何にせよ次回からはエルフがいっぱいでてくるようなので、そっちででてきそうですね
あと、エルフがいっぱいなので友達歓喜ですよ(あの耳がいいらしい)
ただ、エルフ強いだろうなぁ
デルフいなくなっちゃいましたし、剣に虚無付属ってできるんでしょうかね?
できないと、相手のカウンターとか突破できなくなり、タバサ、キュルケが戦力外になるしなぁ
コルベールは一応魔法なしでも強そうですが、相手はエルフですし、期待できませんね
大砲でもぶっぱなすのかな?
サイトの領地もぶっこわれそうですがw
それともアリィーという新キャラが結構おしゃべりなので、話あいになるんでしょうかね?
どっちにしろ楽しみです
次回はいつになるんでしょうね
外伝でるのか、それとも本編なのか

あとがきみてみたら、今回から新章だそうで
っとなると元素兄弟どうなったの?っつ〜話ですよね
彼らの夢は教皇となんらかかわりありませんし
それとも次回でサイトとエルフと会ってるところを、裏で取引している!とかでっち上げて攻撃してくるんかなぁ
もしくは、目的は教皇一緒だった〜とかなんでしょうかね?(聖地が目的ではなく門が目的だった場合)

あと、今回は絵がちょいと変?
描いてる人は変わってないんですが、挿絵に違和感があります
カラーのほうはいつもどおりだと思うんですがね

余談1:読み始めたのが遅かったので、おきたら読んでたのですが……
私ってここまでよんだっけ?的な場所に栞が挟まってました
あれ〜?
特に5章なんて記憶がない
ただ6章読んでると、これ読んだよな?ってところがちらほらあったんで、寝る前に実際に栞のところまで読んでたんでしょう
最近記憶があいまいで怖いですw;
ボケが始まったのか、単に睡眠薬のせいかのか
どっちだろ(−−;

余談2:どうやらコミックアライブで新しいゼロの使い魔が始まるようですね
あれ?
望月奈々っていう人が担当してたゼロ魔は?
きられたんでしょうか?
最近コミックアライブ買ってないからなぁ……(今月号は買いますが)
新規に担当してる人は緋賀ゆかりという人
調べてみるといくつか既にいくつかのラノベ、コミックの画を担当しているようです
ただ、残念ながらどれも持ってませんね
とりあえず今月号が3月号なら読めますんで、どっからの話になるんでしょうね

余談3:ちと聞きなれない単語がありましたね
そこここ(そこ-ここ)っていう単語です
いたるところという意味らしいです
私ならあちらこちら、いたるところ、で代用してるだろうなぁ(−−;




posted by 貴 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ゼロの使い魔18巻が発売してました

メイト行ったら売ってました
amazonみても明日には届く〜とか書いてあったので、既に全国で発売中なんでしょう
とりあえずパラ見したら、懐かしいキャラが
ワルドとフーケと思われるキャラが挿絵にでてました
何巻ぶりでしょう
最後にでたのってコルベールの元部下に恐怖覚えたときだったかな?
スクウェアクラスなのにトライアングルに恐怖覚えてて、やられキャラ役になってたんだよなぁ
それがどう再び浮上するのかちと楽しみです
とりあえず読んだら感想書き留めておきたいです
とある〜の3巻以降が記憶があいまいだから、借りなおしです(−−;
やっぱり読んだ直後に書くのが一番ですねw;

追記:とりあえず読み終わりました
発売日の25日に感想あげます




ラベル:ゼロの使い魔
posted by 貴 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

ゼロの使い魔18巻が今月25日に発売

公式みてみたら、更新されてました
18巻の内容はルイズが自分の気持ちに素直になり、その気持ちをサイトに伝えることから始まるようです
っが、それだけではないようですね
ネジがとんでるラブ?ストーリー以外にも、通常ストーリーも進行するようです
とりあえずはタバサ回収までいくのかな?
っとなるとタバサの冒険4はなさそうですね
タバサ回収せずに、ロマリアにいったら、タバサはタバサ方面で出そうだったんですが……

どうやらタバサ回収→ガリアいって妹とタバサ本人を公衆の面前で鉢合わせてどういうことだ?的になるのか
妹の修道院の面を知ってるルイズが説得→失敗で勝負→精神的に妹敗北でジュリオと決別かな?
ってか妹のほうの使い魔ってどうなるんだろ
またアイテム使いかな?
もしくはデルフが危惧していた最後の使い魔なんだろうか
ただ時期的に、最後の使い魔ってのはないのかなぁ
もしティファニアが学校の行事が行われるまで使い魔召喚をしなけりゃこっちが最後の使い魔を召喚するでしょうからね
でもそうなると小説内の1年間はお預けっつ〜……

まぁなんにせよはやく読みたいものです




ラベル:ゼロの使い魔
posted by 貴 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

ダイナソー竜崎と剣山

半分まではできてたんですが、できてなかった部分を作成(剣山が?倒すまではできてました)

んで、その後からを作成したんですが、都合が悪かったので、何度もモンスター変更(−−;
最初相手が召喚したのはラ・ジーンでしたが、後々の都合で火炎木人18、さらに最後のところは本来は貫通モンスターではなく貫通装備と攻撃力2000モンスターでしたが、そうすると竜崎のオーバーキルになるので変更
つっても、竜崎サイドの手札あまりまくりですけどね
暇な人は読んでやってください

ちなみに、前提自体がおかしい設定です
剣山はたしかちっさいころから完成されたリーダー気質だったはずですからね




続きを読む
ラベル:遊戯王 小説
posted by 貴 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々に何か書こうかな

ってわけで、思いついたネタを適当に書いてました
まぁぶっちゃけ寝れなかったからなんですが(−−;
で、どうせならMF文庫Jにでも投稿して赤ペンもらおうかなぁ〜とかなんとか思ったんですが・・・・・・(作品にたいしてチェックをして、返してくれるらしい)
が、投稿基準の100〜120Pはきついw(40文字×34行指定です)
2章分ほど書きなぐったわけですが、ページ数はたったの13P・・・・・・
このペースだと20章分ぐらいかかねーと投稿できないっていうw
普通の人はどんな風に書いてるんでしょうね?
気になります

ま〜、それ以外に遊戯王の同人SSでも書いて、アップするかな?
なんか映画でSINレッドアイズとかいうのとSINブルーアイズとかいうのがもらえるらしいじゃないですか
それらを絡めて適当に書こうかなぁ?
ってかレッドアイズ、ブルーアイズってことは城之内、海馬でるんですかね?
歴代主人公のみのコラボかと思ってました
それとも単に配布特典なだけなんでしょうかね?

余談:前に書こうとした・・・・・・っというか途中まで書いてある竜崎+剣山がでてくるやつは、剣闘をメインにして書こうかと思ったんですがね
YOやってかなりの厨性能ってのしってやめました
でもまぁ、お蔵入りってのもあれなんで、今からちゃちゃと書いちゃって、書き終わったらアップします
問題はどこにtxtデータがあるかですね
一応一まとめにしてたはずですが・・・・・・
消してなきゃいいなぁ

追記:発見はしたが・・・・・・剣山の語尾ってどうだったっけかなぁ
ザウルスとかドンとかは覚えてるんだが、どうやってつかったらいいものか(−−;
まぁ剣山ターンは終わってるからいいか


ラベル:小説
posted by 貴 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

このライトノベルがすごい!っというのがでてた

ってのがあるようですね
メイトいったら置いてありました
つっても、それ自体を買っても意味ないんで購入はしてません
んで、調べてみるとwikiに05年度〜10年度までのランキングが乗ってました
そこに08年度8位にバカと〜、09年度3位にバカと〜、10年度1位にバカと〜が乗ってました
ああ、やっぱり私の価値観が駄目駄目なんですかね?とか何とか思いました
読者投稿?からで決まるようなのですごくおもしろいんでしょうね
アレからどうすごくなるんでしょ?

んで、ラノベキャラ(男性・女性)のランキングも掲載されてました
10年度女性にとある魔術〜の御坂美琴が・・・・・・
でもこのキャラって小説じゃ空気ですよね?
電話で情報もらうだけもらって、切ってることが基本ですし
やっぱりとある科学〜のほうの影響でしょうかね?
コミックス化・・・・・・っというよりレールガンのアニメ化のほうの影響でしょうかね?
魔術のほうでもシスターズ編・デートのやつもありましたね〜

それと男性キャラの09年、10年度にバカと〜の木下秀吉がランクインしてました
このキャラはかわいいですね
ようするにアレですね
こんなかわいい子が女の子のはずがない〜的なんでしょうか?
まぁ何にせよ主人公や悪友を差し置いてランクインしてるんで、かわいらしい場面があるのか、それともアクが強い場面があるかのどちらかでしょうね
っというのも、05〜07年度のキャラは知りませんが、08年にフルメタの相良宗助がランクインしてますからね
それを想像するに個性が強いキャラなうえに、ちゃんと出番があるということでしょう




ラベル:小説
posted by 貴 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

エンジェルマギスターの小説版をとりあえず購入

ラノベ版買いました
といってもまだ、手はつけてません
現在はゼロ魔を貸した代わりに借りてる、とある魔術〜の小説を読んでるからです
おもしろいですよ?
遊戯王みたく精神攻撃多いですしw(題名が「とある話術の精神攻撃」・もしくは「とある話術の幻想殺し」でもいいくらいだからなぁ)
まぁいろいろとこれはねーよって思うところもありますがw

んで、本題のAMですがMF文庫J発行となごみ文庫発行版があったので両方購入
MF文庫Jのほうはカワイ克己さんという人が手がけてます
なごみ文庫のほうは原作者の塩味ロケッツさんが手がけてますね
後者は短編なんだろうが・・・・・・前者はどうなんだろ
続くのかな?
前にもMF文庫Jから君が望む〜のラノベ版がでてましたが、3巻まで続いてましたしね

とある魔術の〜が読み終わったらそれぞれ感想書きたいです
とある魔術の〜のほうもあと1巻なので読み終わったらそれまでの感想書きたいものです




ラベル:小説
posted by 貴 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

12月にAngel Magisterのラノベが発売

MF文庫Jの11月発売予定のラノベが更新された
その中に当然のごとくゼロの使い魔はなく落胆しました
まぁ外伝だしたばっかりですしね(−−;
っで、かわりにAMがありました
ANGEL MAGISTERです
ゼロの使い魔の挿絵を担当している兎塚エイジが原画を担当したエロゲーだ
ただ・・・・・・
ちょいと感想が長くなるのと、18禁ものの感想、ネタバレ満載なんで続きを読みたい人は続きを読むを押しましょう(内容的にはこれっぽっちもエロくありません)
続きを読む
ラベル:小説
posted by 貴 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

烈風の騎士姫の感想

読み終わりました
どうやらゼロの使い魔より前の時代の話なようです
っというかルイズの親が主人公の話かな?
なので、ちらほらゼロ魔にでてくるキャラの父親や母親と思われるキャラがでてきてます
ナルシスとかはギーシュの父親だろうなぁ
系統も土でしたからね
ってか、ルイズの母親も母親ですね
性格はゼロ魔時代とは大きく違い、ほとんどルイズかな?
ただちょっと違うタイプの臆病だったりしてましたが、基本はルイズでした
変態、変態、変態とか口走ってましたし
キスされると他の事考えられなくなったりと・・・・・・
今ではすっかり公爵を尻にひいてるのにね

さて、ルイズの父親になると思われるキャラですが、こっちのほうが事件の中心人物かな
昔殺した彼女が復活して、悪魔めいたことをやっている
国をのっとるような計画をしている
っていうのを止めるような話になってくようですし
最初はエルフ?もしくは水の指輪かなぁって思ったんですが、治療の魔法で死者を操る魔法を打開できたので、なんらかの魔法がでてくるんでしょうね(先住魔法に対抗するには虚無しかないといわれてるので)

アンリエッタの母親と思われるキャラもいました
っというか完全に母親ですね
アンリエッタのあの男を魅了する性格は遺伝だったようです
物語の後半にでてくるのですが、カリン(ルイズの母親)を誘惑しまくりです
作中で12.3歳と書かれてるので、地球の年齢に置き換えるともっと若いって事ですね(ハルゲニアの1年は多少短い)
なのにすでに誘惑してます
遺伝って怖いですね

さてゼロの使い魔、タバサの冒険、烈風の騎士姫と3作品になったわけですが、本編は次いつでるんでしょうね
タバサの冒険は本編のタバサ視点ですので、本編進まないと進みません
逆に烈風の騎士姫は過去話なのでどんどんでていいんですよね
どれもはやくよみたいものです
カリンがいつ女性とばれるのかも楽しみですね
今のところは女言葉を使う趣味があるとしか思われてないようです
っま、そこは漫画や小説、ゲームですからねw

余談1:77Pの7行目の最初の文
文字ぬけてますよね?
なるど
ってなってましたので、「ほ」がぬけてますよね?




posted by 貴 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

烈風の騎士姫をちょっと読みました

読み始めました
んで、どうやらゼロの使い魔と同じ世界なようです
しかも場所はトリスタニア
同じですね〜(つっても同じ時代かは不明)
あの世界なら女でも関係なく騎士になれると思ってたんですがね(ルイズの母親とかすごいですし)
一応なれないことはないようなんですが、かなり厳しいと書いてありました

それと、ギーシュッぽいキャラがいるといましたが、名前が「ナルシス」だったようです
普通にナルシストって書かれてるかと思いましたよ
まぁナルシストなんですがねw
読み終わったらもう一度感想かきます




posted by 貴 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

ヤマグチノボル&兎塚エイジの新作「烈風の騎士姫」発売

ってわけで、買ってきました
まだ読んではいません
最初のほうにあるカラーページを見たかんじだと・・・・・・
ルイズにギーシュがいましたね
特にギーシュっぽいキャラは正確もギーシュっぽいようです
ナルシストと書いてありましたからw
読み終わったらおおざっぱな感想でも書きたいです




posted by 貴 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

ヤマグチノボル&兎塚エイジの新作「烈風の騎士姫」が今月登場

MF文庫Jの公式HPにて、新刊はなにかなぁって見ていたら、兎塚エイジの表紙が目につきました
ゼロ魔以外にもかかわることになったのかな?ってみて見ると、著者に驚きました
ヤマグチノボルなんですもの(ゼロ魔の作者です)
ってわけで、ゼロ魔のコンビですね
この分だと来月にゼロ魔の新刊でる可能性薄いですね(−−;

っで、内容は
カリーヌという少女が幼い頃助けてくれた騎士にあこがれる
でも騎士は女ではなれない
だから、男装して騎士を目指す
っという話だそうだ(詳しいあらすじは公式いって確認してください)
ゼロ魔と世界観共有してるのかなぁって、最初は思ってたんですが(あらすじを見る前は)、女性じゃ騎士になれないとのことなので、別世界ですね
アノ世界じゃ、魔法使いと平民の差はあるものの、魔法使いで優秀なら騎士になれますからね




ラベル:小説
posted by 貴 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ゼロの使い魔17巻感想

今回はめんどいのでネタバレありでいきます

まずデルフリンガーですが、完全に溶けてしまったようです
サイトが意識取り戻して現場にいっても破片などなかったからです
そのためこれからサイトは自立しないといけないわけですね(いつもデルフが助言などしてくれていたため)
ついでにルイズもこの巻でかなり成長しますので17巻はそれぞれが自立する巻といっていいでしょう
それとお互いにお互いが必要ということも認識していきますのでまた絆も深まったのかな?
ただ、ルイズのエネルギーの元は嫉妬
この巻は前巻のサイトの浮気のおかげでパワー全快だったものの、ラブラブになったらエネルギー補充できませんよねぇ
適度にサイトが馬鹿やらないとw

次に2巻前?にタバサが戴冠式をしたわけですが、何でロマリアはタバサを王にしたんだろうか?っと思ってたんですがその理由もこの巻で明かされます
前巻にでてきた、銀髪の修道女がタバサの双子の妹だった
見た目が違うじゃん、って思われるだろうが特殊な魔法アイテムをつけていたため顔が変わってたためだそうです
そのため、その子とタバサを入れ替えガリアを牛耳るようです
問題はタバサがどうなるかってことですね
今の所の話だと、あの修道院に送還されるようです

前巻に久々にでてきたエレオノール姉さん(ルイズの姉の金髪のほうです)
この巻でもでてきます
そしてかなり優秀なことがわかります
常に錬金がでる装置を作れという指令がでるのですが、数日で完成させてるので(その装置自体はこの巻にはでてきてないが、元素兄弟の一人がその装置をもってくればよかったといってるので)
これで残りは二つなのかな?
今のところ水の研究・地の研究が形になったので、残りは風と炎ですね
水は戦闘用だが、錬金装置は何につかうんだろう
元素兄弟は夢のためといってましたが、どういう夢なのだろうか
この巻で出てくる謎の一つですね

んでその元素兄弟ですが、唯一の女性キャラの挿絵が書かれてます
挿絵+目次のカラーページですね
みためがローゼンメイデンの水銀灯?というキャラににてるよーなきがします
ルイズから人形みたい、とかいわれてますしねーw(まぁ性格的なところもありますが)

090625_191959.JPG

余談1
浮気に関してティファニアが「サイト最低」といってたが、これはどうなんだろう
ティファニアの父親は正妻ではない愛妾がいた
ティファニアの母親だ
浮気はダメで愛妾はいいんでしょうかね?
浮気自体、ダメな行為ですがあの世界は偉けりゃ正妻以外めとってそうだしなぁ
そもそもそれがなかったらティファニアは生まれてなかったわけだし
それとも正妻はいなかったのかな?
アンリエッタ曰く、ティファニアのことを唯一の〜といってましたからね
もしくは正妻がいてもそっちには子供がいなかったのかなぁ
あんま詳しくかかれてなかったですからね

余談2
この巻で特殊な魔法アイテムがでてきます
身に着けると顔がかわるというアイテムだ
これは使えますね
っというのも顔を変える魔法自体かなり高度な魔法なんですよ
それをアイテム一つに見つけただけで変身できる
魔力節約にもなりますし、今後なんらかの活躍あるのかな?




ラベル:ゼロの使い魔
posted by 貴 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

ゼロの使い魔17巻と短編

今日いったら、売ってたので購入してきました
読み終わったんで、明日感想かきます
んで、27日発売のコミックライブの特典に、ゼロの使い魔の短編がつきます
アライブはそろそろ購入やめようかなぁって思ったやさきにこれですよ
まぁそちらも読み終わったら感想書きたいと思います

それと来月?から少しの間?MF文庫Jの小説をアニメイトで買うとしおりがつくそうです
何で発売日の25日あたりから開始しないんだとか思いました
今月はあと聖剣も買う予定でしたが、そっちはその日以降に購入したいと思います




ラベル:ゼロの使い魔
posted by 貴 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。